2016年04月15日 19:00

炭酸水を安く大量に作る方法…ミドボンで水を炭酸水に変える装置を作ってみたら、ビックリするほど便利だった

 


ダイエットや美容、お茶代わりのノンカロリーな飲み物として、近年注目されている炭酸水。

しかし普通にお店に行くと、1リットルあたり40円以上とそれなりに高い上に、運ぼうにも重く、何リットルも買って帰るのは大変なものです。

そこでもっと安く気軽に家で炭酸水を作れないか調べてみたところ、危険ながらも低コストで炭酸水を作る方法を見つけたので、検証してみました。

ただの水があっという間にシュワシュワの炭酸水に…自作してみた炭酸水製造機は、想像以上に凄かった


まずは、装置の作り方と炭酸水を作ってみた動画がこちら。

炭酸水を激安で作れる、炭酸水製造装置(ソーダメーカー)を作ってみた - YouTube

これ、凄くないですか!?

水道水をペットボトルに入れて振るだけで、あっという間に炭酸水になる様は、まるでマジックのよう。成功した時は、こんなに簡単に炭酸水ができるのかと驚きました。

ちなみに炭酸水の作り方は、 水を入れた容器に二酸化炭素を高圧で充填するだけ。 こうすることで二酸化炭素が水に大量に溶け込み、炭酸水へと変化するようです。水は冷やしておくとなおいいようですよ。

必要な材料と工具

今回、この装置を作るのに調達したものをまとめてみました。工具を除いて、材料費はおよそ2万円ほど。初期投資はちょっとかかりますが、毎日炭酸水を使う人ならすぐに元が取れるかも?

※注意 取り扱いを誤ると、爆発事故などの危険があります。この記事は検証を目的に行ったもので、安全性を保障するものでも制作を推奨するものでもありません。

1.液化炭酸ガス(通称:ミドボン)


まずは一番入手が困難な、液化炭酸ガス。ミドボンとも呼ばれています。

これはビアサーバーなどに使われる食品用炭酸ガスで、酒屋さんや業者向けのお店で手に入ります。サイズは5kgで十分でしょう。

私の場合は、近所の業務用スーパーで5kgのボンベを7,500円で購入できました。ボンベを返却すると5,000円が戻ってくるので、中身のガスは2,500円。どうしても入手が難しい場合は、Amazonでも購入できるようです。

液化炭酸ガスボンベ 大型ボンベ 5kg
【 空ボンベと交換専用 】 液化炭酸ガスボンベ 大型ボンベ 5kg

2.レギュレーター


次に必要なのがレギュレーター。今回はこちらで販売されているレギュレーターを購入しました。出口形状はストレートがオススメです。

CO2レギュレーターMJ-02A - 水草用品店アクアビッツ

3.チューブ・継ぎ手など


細かな部材がこちら。各1つずつあれば大丈夫ですが、ペットボトルを何本も使いたい場合は、マイクロカプラソケットをペットボトルの数だけ購入しましょう。

マイクロカプラ ソケット (メネジ取付用) 日東工器 ソケット
六角ナット1種(ステンレス)  M5
ジュンロンUH 軟質ポリウレタンチューブ 5m UH 30-06 6X4
ボールバルブ ピスコ(PISCO) ボールバルブ  BVU6-6
マイクロカプラチューブフィッター付 プラグ MC-06PC
(モノタロウ:全部まとめて注文すると送料無料になります)

4.ペットボトル


そして、コーラやサイダーなど、炭酸の入っていた空きペットボトルを用意しましょう。水やお茶のペットボトルは耐圧性が低く、爆発の危険があります。

炭酸水を都度作るなら500mlを、シャンプーや料理などに使うなら、1.5Lのものもあると便利です。

衛生面や耐久性を考えて、1ヶ月使ったら交換したほうがいいでしょう。

5.工具


また必要な工具がこちら。

電動ドリル+ドリル(4.5mm)
モンキーレンチ(30mm以上開くもの)
ハサミ

どこの家にあるものではないと思いますが、DIY好きなら持っていると重宝しますよ。

組み立て・炭酸水を作る手順


組み立てと炭酸水を作る手順は、写真ではわかりづらいので動画にまとめてみました。(最初から再生される場合は、0:37からご覧ください)

炭酸水を激安で作れる、炭酸水製造装置(ソーダメーカー)を作ってみた - YouTube

材料集めも作るのもちょっと面倒ですが、完成してみるとかなり使えます。

ちなみに装置に2万円ほどかかっていますが、あとは 炭酸ガス代が1リットル当たり数円かかるだけ なので、長く使うなら経済的にたっぷりと炭酸水を楽しめそうです。

お茶に代わるノンカロリー飲料として、炭酸水は超オススメ


今回作った装置は、常温の水でも強めの炭酸が作れるように構成してみたのですが、飲んでみた編集長は、思った以上に強い炭酸に驚いていました。


炭酸飲料はシュワっとした爽快感が最高ですが、 どうしても糖分が多くなりがちで、カロリーが気になるところ。

そこで何かお茶に代わるノンカロリーな飲み物はないかと、いろいろ試して炭酸水に行きついたのですが、慣れると爽快でとても美味しいんです。

ちなみにそのままで飲みにくい場合は、スーパーなどで売っているポッカレモンなどの濃縮レモン果汁を少し垂らすと、美味しく楽しめますよ。

水以外でも炭酸になるのか…?試してみた

ところでこのキット、水以外の液体も炭酸になるのか試してみたところ、 色々な液体が炭酸になることがわかりました。


そこで炭酸じゃない飲み物はどんな味に変化するのか、MEGWINさんを編集部に招いて試してもらったところ…うわぁ…!

水以外のものを炭酸にしてみた結果は、後日記事にまとめるのでお楽しみに。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。