2016年04月18日 10:52

ロンドンのパブで「出入り禁止」になった客のリスト…店員が付けた「客のニックネーム」が面白い

 

ロンドンのパブ00
パブやバーなどお酒を扱うお店では、羽目を外し過ぎたり、常軌を逸した行動をとって迷惑をかける客がいるのは万国共通です。

欧米の店ではそうした困った客は「出入り禁止」を食らいやすいのですが、とあるロンドンのパブでは、そのリストが掲示されているとのこと。

店員によって付けられた「客のニックネーム」が面白いと話題を呼んでいました。

ロンドンのパブ01
「現在も出入り禁止中……」
・ジェイソン
・耳の聞こえないアダム
・ミラー
・1本腕のキース
・スーツのミッキー
・デブのポール
・辛辣なクイーン
・グラスゴー(スコットランド)なまり
・アンガスという赤毛のバカ
・ジュリア・タント(イギリスのコミックから)
・元詐欺師のバカなヤツ
・ダニー・ミラー/ダニー・パートリッジ ←また戻ってきたデブだ。こっそり日曜に入店してた。
・あの金髪ビッチ
・ガスと連れのマーク
・クレイジー・リンダ
・ロブ・ロウ
・背の高い年配のケンカっ早いバカ
・(手書き)いつも破損したヘルメットをかぶってやって来る、エールを飲む変態

ずらっと並ぶ出入り禁止になった客のリスト。

何しろ店員から店員へ伝えるための掲示で、名前が不明な客も多いことから、特徴だけだったり、シンプルなあだ名が付けられているのです。

さらに手書きメモで、名前やニックネームが追加されつつあります。

よくこれだけの人数が出入り禁止になるものですが、こうして書いておかないと、いけしゃあしゃあと再びやってくるので必要とのことです。

こんなリストで本当に出入り禁止にできているか疑問ですが、海外掲示板ではこのリストの内容が面白いと盛り上がっていました。

●まるでガイ・リッチー監督の映画で拒否られたキャラクターたちのようだな。

↑思いもしなかった完璧なコメントだ。

↑スーツのミッキーとデブのポールを除いてだな。彼らはスコセッシ監督(暴力描写が多い)の映画に出てきそうだ。

●「戻ってきたデブ」がプライスレスだよ。

↑こっそり日曜に来てるんだろ。

(投稿者)日曜にはローストディナーが出るんだよ。

●自分が働いていた店のリストに似ている。いつも該当する客が見分けられるか心配だったけど、恐ろしくその説明が正確なんだよ。

↑自分もそう思ったが、さすがに「あの金髪ビッチ」はどうかと……。

●1本腕のキースは少なくとも簡単に見つかりそう。

↑半分はね。

●破損したヘルメットをかぶってやって来る変態……も、そう難しくないだろう。

(投稿者)結構全員みんな簡単だよ。
「あなたは耳の聞こえないアダムさんですか?」
「何だって?」
「やつを追い出せ」

●誰かそのリストに乗っている客がいたら、ここで質疑応答に答えてくれよ。

↑自分はそのリストには載ってないが、オックスフォード郊外のパブで気持ち悪いと出入り禁止になったよ。
自分は単身出張(コンサルタント)でその地域にいたんだが、まともそうなパブなので入ったんだ。海外用のインターネット回線を使っていたのでFacebookを1ページ表示させるだけで1.5ドルもかかるので、食事中はそこにいる客を見ながら過ごしていた。
それがなぜか客を気持ち悪がらせたようで、年配の男が近づいてきて「最後のビールを買うよ」と伝えてきて、僕が座っているテーブルが必要だと言ったのでテーブルを移動したら、また次の人も同じことを言う。
そこで理解してお礼を言って店を出た。すると非常に大きな筋肉質の男がエスコートしてくれ、帰り際に年配の男性が「次は別の場所を探して飲んだほうがいい」と言った。自分はとても礼儀正しく、ほかの店で出入り禁止を喰らったことはない。

↑ちょっとそれは笑える。話しかけられるまでじっと見つめていたのかい。しかしよっぽどストレートに気持ち悪いやつじゃないとしたら、その場所がひどかったのでは? 店を出て正解かも。

↑自分はイギリスのパブには行ったことはないが、地元のひとりものは、必死で話しかけてくる誰かが現れるまではテレビをじっと見つめているもんだ。次はそれをトライしてみては?

↑もしかしてオレってそんな風に見られてたのか……。

●自分はもう「背の高い年配のケンカっ早いバカ」ここで吹いたよ。まるで古典の本に出てくる人物のようで、そいつが戻ってきたので、ホビットたちがそいつの指輪を完全に追い払わなくちゃいけないんだ。

(投稿者)その最上で巨大な指輪が、そいつのパワーの源なんだ。

●グラスゴーなまりのやつについて、店員の会話。
「で、あの中のどれなんだ?」
「えっと、さぁ、全員かな」
「わかった」

↑きっと太ってて、酔っぱらって10時になったらみんなとケンカし始めるやつだろ。

↑(スコットランドではなく)イングランドにいるから怒ってるんだろ。

●リストが長いのに下の名前だけでわかるって、この町は100人くらいの人口で、きっとアダムが誰か全員にわかるんだろう。だが100人のうちの25人がこのパブから出入り禁止だと思うとかなりすごいことだと思う。


本場ロンドンのパブ、曲者が多そうではあります。

List of people barred from a London pub

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。