2016年04月18日 19:46

がんを宣告された女性「もっと今を生きよう」と『世界の7不思議』を13日で制覇する

 

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる00
アメリカ人女性のミーガン・サリヴァンさんは、ヨセミテ国立公園でロッククライミング中に15mの高さから落下し、車にはねられ、さらには病院で検査を受けると、皮膚がんを宣告されました。

精神的に思いつめるほど悪い出来事が続いた彼女は、「もっと今を生きよう」と、命の洗濯をすることを決断。

なんとたった13日間で「新・世界の7不思議」(2007年に世界中からの投票で選出)を、すべて巡ることにしたそうです。

無謀とも思える弾丸旅行をご覧ください。

1.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる01
チェチェン・イツァ(メキシコ)
マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神。ケツァルコアトルのマヤ語名)を祀るピラミッド。

2.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる02
マチュピチュ(ペルー)
空中都市として知られるインカ帝国の遺跡。

3.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる03
コルコバードのキリスト像(ブラジル)
1931年のブラジル独立100周年を記念して建てられた。

4.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる04
コロッセオ(イタリア)
ローマ帝政期に造られた円形闘技場。コロシアムの語源。

5.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる05
ペトラ遺跡(ヨルダン)
紀元前2世紀ごろ、ナバテア人によって建設される。「インディージョーンズ・最後の聖戦」の舞台。

6.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる06
タージ・マハル(インド)
ムガール帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃のために建てた霊廟。

7.
がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる07
万里の長城(中国)
歴代の中国王朝が北方民族から防衛するために建設。世界最長の建造物。


がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる11
以上7か所。これらを13日で巡るということは、1か所につき1泊2日でも足りない計算になります。

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる10
ビーチで。

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる09
現地の雰囲気を堪能するサリヴァンさん。

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる12
ロッククライミング好きなので、このくらいならへっちゃら。

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる08
過酷なスケジュールなので疲れや時差ぼけに苦労するのは当然ですが……。

がんの女性、世界の7不思議を2週間でまわる13
彼女にとってこの旅の意義は、表情が物語っていますね。


The New 7 Wonders of the World in 13 Days - YouTube

After Being Diagnosed With Cancer, I Traveled To The 7 Wonders Of The World In 13 Days

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。