2016年04月20日 20:37

「150年前の老朽化が激しい納屋を、徹底的にリフォームした」→ゴージャスな住居に変身

 

150年前の納屋を大幅リフォーム00
こちらは1860年に建てられたニューヨーク州オールバニの納屋。

干し草の倉庫として使ってきましたが、150年以上が過ぎて老朽化が進んだことから、オーナーは「いっそのこと快適な住居にしよう」とリフォームを決意したそうです。

元の姿からは想像もつかないビフォー・アフターをご覧ください。

Old Barn From The 1800s Undergoes An Incredible Transformation

150年前の納屋を大幅リフォーム01
こちらがリフォーム前の外観。

ありふれた農場の納屋といった感じですが、傷みが激しく限界だったとのこと。

150年前の納屋を大幅リフォーム02
中は山積みの干し草。

これを再利用すると言ってもイメージしにくいのですが……。


150年前の納屋を大幅リフォーム04
驚きのリフォーム!

元が想像できないほどゴージャスですが、柱や天井の作りなど、納屋らしさを残してあるのもポイントが高いです。

多くの窓が設置されていて採光もばっちり。

150年前の納屋を大幅リフォーム03
2階まであります。

これだけ空間が広いと暖めるのが大変そうですが、立派な暖炉があるのと、農場なので薪の確保には苦労しなさそうですね。

150年前の納屋を大幅リフォーム05
さらには、テラスの部分が全面ガラス張り。晴れの日は温室効果で暖かそうです。

150年前の納屋を大幅リフォーム06
食卓も広々。

150年前の納屋を大幅リフォーム07
現在の外観。

まわりの環境まで一変させたようで、とても元の写真と同じ場所には思えません。

こんなところで暮らしてみたいものですね。

Old Barn From The 1800s Undergoes An Incredible Transformation

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。