2016年05月03日 19:03

イギリス人「次の駅にピザの配達をしてくれるか電車の中から注文」→「わお、持ってきてくれた!」

 

電車の中からピザを注文00
イギリスで5時間の電車の途中でお腹を空かせた人が、「そうだ、次の駅にピザを届けてもらおう」と無茶なことを思いつきました。

数分の停車中に受け取りを失敗したら、ピザは無駄になってしまいます。

ためしに頼んでみると店からはOKの返事。駅に停まると配達員がピザの箱を持って現れたのでした。

電車の中からピザを注文01
停車中にホームの向こうから駆け付けてくるピザの配達員。

電車の中からピザを注文02
時間がないので、走りながら受け渡し体勢に。

電車の中からピザを注文03
キーを口にくわえながらのやりとり。

電車の中からピザを注文04
なんという手際の良さ!

電車の中からピザを注文05
肩を叩いて「よく届けてくれた」とねぎらいの言葉。

電車の中からピザを注文06
カメラに向かって仲良くポーズ。

電車の中からピザを注文07
惜しむ間もなく、次の配達へと走っていく配達員なのでした。

アニメgifはこちら(i.imgur.com)

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●それはチップをいっぱいあげるべき。

↑これはもうゲームのスーパープレイより偉大な例だよ。

↑しかも嬉しそうにやってくれている。

↑人に幸せとか食事とかを運んでくる人には、何かしらの魅力がある。これは仕事と同時にゲームでもある。そしてこれは楽しそうだ。

●自分は一度タクシーの運転手に40ドル(約4000円)払って、バスが出発する前に10分以内にダウンタウンまで行ってくれるように頼んだことがある。混雑して通常なら20分以上かかるところだった。
運転手は猛スピードで信号無視してがんばってくれ、それは最も怖く最もエキサイティングなタクシー乗車だった。

↑君なら韓国が好きになると思うよ。もしタクシーの運転手に2万ウォン(2000円弱)くらい渡して「急いで」と言うと、目的地に着くために命のリスクを感じさせてくれるよ。

●配達の男性がピザを持って走ってくれたのだから、料金の50%はチップをあげるべき。

↑ここはイギリスなので、多分チップ自体がないと思う。

↑きっと給与がチップなしでも普通なんだろう。(アメリカはチップをもらう代わりに、店からの給与が低い)

↑イギリスのほとんどのチップのシステムは90年代に死んだね。その前でさえそれほど活発でもなかった。
きっとこれはペイパルか何かを使って注文したんだと思うよ。50ポンド以下で現金を使う人はほとんどいないね。

●「それで、住所は?」
「プラットフォーム9と3/4」(ハリーポッターの名シーン)
「またか」

●これを見て今日の機嫌がよくなったよ。
電車の中からピザを注文08

●それで、これはどこ?

↑イギリス中部のノーサンプトシャー州にあるケッタリング駅
電車の中からピザを注文09

●ここの駅に改札機はないので、配達人がチケットなしで入るのは大丈夫なんだ。それからピザはクレジットカードで買えるので前払いができる。配達のできる範囲に駅が位置していたのだろう。

●なんてこった。これを去年デンバー(アメリカ・コロラド州)でしようとしたら、「駅には配達できない」と言われたよ。


なかなか粋な配達ですね。

ただし電車の中はピザのにおいで充満するので、マナー的にこれが可能な電車や駅は限られてくるとは思います。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。