2016年05月06日 22:14

紳士の国イギリスで「馬」に紳士服を着せた結果→「似合ってるかも!?」

 

イギリスでは馬も紳士00
紳士の国といえばイギリス。ダービーなど競馬の大レースの日には、競馬場に着飾った紳士・淑女が観戦に訪れます。

「人がジェントルマンなら、馬だってジェントルマンな格好にしよう」
そんなコンセプトの元、馬に紳士服をあつらえ、実際に着せてみたそうです。

Horse Gets Tailored Three-Piece Suit, Looks Absolutely Dashing

イギリスでは馬も紳士01
競馬の祭典「チェルトナム・フェスティバル」で企画されたもので、もちろん完全オーダーメイド。

イギリスでは馬も紳士02
デザインしたのはエマ・サンドハムキングさん。

イギリスでは馬も紳士03
英国王室御用達のハリスツイードを18mも使用したとのこと。紳士服10着分に相当。

イギリスでは馬も紳士04
今まで手掛けたどんなスーツより難しかったとエマさん。

馬に着せた結果は……。

イギリスでは馬も紳士05
似合ってる!

イギリスでは馬も紳士06
思いのほか紳士な馬になりました。

イギリスでは馬も紳士10
騎乗したところ。

イギリスでは馬も紳士08
馬具に慣れていることもあり、スーツを着せてるときはおとなしくしてくれたそうです。

イギリスでは馬も紳士09
帽子も問題なし。

イギリスでは馬も紳士11
キリッとした表情。

イギリスでは馬も紳士07
フェスティバルを訪れた観客も、この姿を見て盛り上がったとのことです。

映像はこちら。

World’s first Tweed suit designed for a racing horse ahead of Cheltenham 2016 - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。