2016年05月09日 08:45

理由もなく疲れているとき→大半の理由はたったこれだけ

 

理由がないのに疲れているとき00
理由もないのに体が疲れていることはありませんか。

前日によく寝て、しっかり食事も摂ったはずなのに、リフレッシュどころか、むしろ体が重く感じるときがあるかと思います。

多くの場合、それを引き起こしているのはシンプルな理由で、あるシンプルな習慣によって改善することができると、海外掲示板で紹介されていました。

LPT: If you feel tired and don't think you should be, you're probably just dehydrated.

理由がないのに疲れているとき01
その理由は、脱水症状。

脱水は大げさにしても、十分な水分が不足している人が実に多いとのこと。

水分をたっぷりと摂りましょう。(水か白湯を推奨)

それだけで疲れがとれることが多いそうです。

もちろん、他に病気などの原因がある場合は別ですが、よくわからないけど体調が優れないなどの自覚がある人は、たっぷりと水分補給することを心がけましょう。

ちなみにお茶やコーヒーなどは利尿作用が高いためすぐに排泄されてしまうのと、水や白湯に比べて老廃物が溶け込まないなどの理由から、効果は薄くなってしまうようです。

海外掲示板の意見をご紹介します。

●今日、僕は起きているときの95%は脱水症状であることを知った。

↑ほとんどの人は水が足りていない。尿が黄色かったら脱水症状だよ。

↑そんなことはないと思う。黄色でも問題はない。

↑就寝前にコップ1杯の水、起きたらコップ1杯の水、仕事へ行く前にコップ1杯の水、家に帰ったらコップ1杯の水、夕食時にコップ1杯の水、ゲーム・オブ・スローンズ(人気の海外ドラマ)とコップ1杯の水、そして最も重要なのが各コップ1杯の水の前にも後にもコップ1杯の水。

●ダルさを感じるときは、次のどれかと書いてあった。
・睡眠時無呼吸症候群
・カフェインの禁断症状
・睡眠発作
・アンフェタミン(※覚せい剤)の禁断症状
・むずむず脚症候群
・突然死症候群

●数週間前に炭酸飲料をやめて、職場に水を持ち運ぶようになった。無気力と食道炎がほぼなくなった。今日、水を持ってくるのを忘れた気分は最低だ。

●自分も最近それに気づいたところ。1日の間にどよんとしているときはリンゴを食べて水を飲む。まるで魔法のように効く。

●きっと今日みんな水を飲んだ。

↑自分はした。

●あるいは妊娠しているとか、うつ病とか。

●疲れていなかったときのことを覚えていない。


睡眠中に400mlの水分が失われるので、特に就寝前と起床時にお水を飲む習慣を作るのは効果的だそうです。

疲れ気味の人は、ぜひお試しあれ。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(13)
この記事へのトラックバック
1. 理由もなく疲れているとき→大半の理由はたったこれだけ  [ 他力本願 ]   2016年05月09日 09:11
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。