2016年05月12日 19:30

ビル解体を撮影しようとカメラを構える→「ウソでしょ…」ある意味で完璧なタイミング

 

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき00
ビルの解体には、ダイナマイトなどの爆薬を使って倒壊させる「爆破解体」と呼ばれる手法があります。

スコットランド・グラスゴーのビルが爆破解体をすることになり、その瞬間を待って撮影を開始した人がいたのですが……。

予期しないハプニングが起きてしまいました。

Video of demolition goes completely wrong.


The ultimate photobomb of the Norfolk Court demolition in Glasgow, thankyou First Bus - YouTube

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき01
ビルが爆破された!

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき02
崩れ落ちていくビル……ん?

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき03
ちょっと!

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき04
ええええええええ!!
バスが邪魔!

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき05
上からのぞき見える粉塵。

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき06
ようやく動き出すバス。

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき07
すでに建物の姿はなく……。

ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき08
立ち込める煙だけ。

こんな残酷なタイミングもないと、海外掲示板でウケていました。

コメントを抜粋してご紹介します。

●そこのバスをよく知ってるから言うけど、きっと35分くらい遅れたんだよ。

↑きっと撮影してる人は、始発のバス停だからきっと安全だと思ったんだな。

●バスに書いてある「First」(最初)って言葉が笑える。

●別のアングルから。

Glasgow Gorbals Demolition 08-05-2016 - YouTube
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき09
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき10
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき11

↑またバスが登場するのかと想像しちゃった。

↑ほらよ。

Glasgow Gorbals Demolition 08-05-2016 (masterpickles cut) - YouTube

↑なんて完璧なんだ。

●うちの地元ニュースからも。

Bus blocks view of building implosion - YouTube
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき12
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき13
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき14
ビル取り壊しの撮影がうまくいかないとき15

↑「マジ?」ってうめきが聞こえる。

●解体に失敗してひっくり返る例。

(参照:ビルの爆破解体に失敗し、横転どころか一回転

↑もう窓から見たら、20階建てのビルが自分に向かって転がってくる恐怖を想像した。

↑誰が建てたか知らないが、表彰ものだね。


海外のバス運行は大幅に遅れることも多いので、こうした失敗は結構あるようです。

貴重な場面を撮影するときは、道路の状況に注意が必要ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。