動画 / zeronpa / URL
2016年05月19日 22:00

風速50m/秒の冬山で飛び上がると…人はどうなるのか?(動画)

 

風速50mのワシントン山00
アメリカ北東部ニューハンプシャー州にあるワシントン山は、ハリケーンを上回るような風が年平均110日も発生する、激しい環境で知られています。

そんなワシントン山の展望デッキで、風速109マイル/h(50m/s弱)を観測した朝に、気象観測員が飛び上がったり、歩いてみたりしたそうです。

映像をご覧ください。


100+ MPH Winds 2016/05/16 - YouTube

風速50mのワシントン山01
「せーのっ」

風速50mのワシントン山02
お、飛んだ!?

風速50mのワシントン山03
さすが風速50m/秒。

風速50mのワシントン山04
着地も見事に……。

風速50mのワシントン山05
あっ。

風速50mのワシントン山06
すってーん、ゴロゴロ。

風速50mのワシントン山07
そりゃ、そうなりますよね……。

風速50mのワシントン山08
気を取り直して。

風速50mのワシントン山09
今度は歩行。ものすごい前傾姿勢で、どうにか克服。

風速50mのワシントン山10
最後は「どうだ」と言わんばかりの気象観測員。

風の吹き方にも波がある感じですが、雪山に適した靴を履いていれば、どうにか歩くことはできるようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。