2016年05月30日 19:30

6歳で筋肉ムキムキ「リトル・ヘラクレス」と呼ばれた最強少年→23歳になった今の姿がこちら!

 

「リトル・ヘラクレス」の今の姿00
ウクライナ出身のアメリカ人、リチャード・サンドラックさんは、6歳にして完璧な6パックの腹筋を持つ、世界一マッチョな少年「リトル・ヘラクレス」として有名になりました。

当時は、小さな子供に筋肉トレーニングを課すことに対する批判もあったようですが、そんな彼も現在は成人男性に。

どんな風に成長したのか、23歳になった姿をご覧ください。

6〜7歳頃
「リトル・ヘラクレス」の今の姿01
格闘技の世界チャンピオンになるなど、世界最強少年でもあったリチャード君。

「リトル・ヘラクレス」の今の姿02
当時は日本のテレビ番組でも取り上げられていたので、記憶にある人もいるかもしれません。

11歳頃
「リトル・ヘラクレス」の今の姿03
順調に成長し、ベンチプレスは95kgを上げるほどに。

17〜8歳頃
「リトル・ヘラクレス」の今の姿04
ん?

23歳
「リトル・ヘラクレス」の今の姿05
ええーーー。

筋肉は?

あの隆々な肉体美はどこへ行ったの!?

「リトル・ヘラクレス」の今の姿06
いや、そんなポーズを取られても。

これはビックリです、逆の意味で……。

この数年の間にいったい何があったって言うんだい、リチャード。

「リトル・ヘラクレス」の今の姿07
彼によれば、11歳の時にトレーニングを課していた父親が離婚&家庭内トラブルによりいなくなり、それ以降はウェイト・リフト等のトレーニングを止めたそうです。

現在はハリウッドのユニバーサル・スタジオで、スタントマンの仕事をしているとのこと。

ふむふむ、家庭の事情があったり、進みたい道とは違ったりしたのですね。

とは言え、ボディービルの世界でも、このことわざは当てはまるようです。

「十で神童 十五で才子 二十過ぎればただの人」
幼少時代は並外れてすぐれているように見えても、多くは成長するにつれて平凡な人になってしまうことのたとえ。
故事ことわざ辞典


Whatever Happen to Little Hercules/Richard Sandrak 2015 update - Inside Edition Interview 2015 - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(14)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。