2016年06月02日 12:07

夫「子猫がトラックの下でおびえている写真を送るよ…連れて帰ってもいい?」妻「断れるわけないでしょ!」

 

トラックの下でおびえてる子猫00
海外の女性のもとに、夫から「連れて帰ってもいい?」とメールが送られてきたそうです。

同封の写真を見てみると、そこにはトラックの下でおびえる子猫の姿が……。

As long as we're sharing kittens found under vehicles, here's ours. Meet Axel!

トラックの下でおびえてる子猫01
それがこちらの写真。

トラックの下でおびえてる子猫02
訴えかけてくる目……。

その結果どうなったのか、海外掲示板のやり取りをご紹介します。

●人生の友人ができる準備を。
5年前、子猫が目の前を横切ってジープの下のエンジンあたりに入るのを目撃した。出てくるまで根気よく待った。
ニャアと鳴き続けていたので通行人にはじろじろ見られたけど、ようやくジープの所有者が出てきて、猫をおびき出すことに成功した。すぐにその猫を獣医に連れていき、そのまま家に連れてかえった。
夫は2日ほど口を利いてくれなかったけど、その猫は私のすべてとなったので価値はあった。

(投稿者)これは夫が送ってきた写真で、「連れて帰ってもいい?」聞かれた。この顔を見て「No」は言えない。写ってるのは夫の手。

●この子猫はまるで本物のメカニックのようだ。「もう一稼ぎするため、今から仕事に取りかかる」と言った感じだ。

↑「タイヤのバランス調整をするニャ」

↑ライフハック:ヒモで邪魔することによって、猫メカニックの賃金を下げることができる。

●これは今まで見た中で最も小さく、かわいいメカニックだ。

↑まだタイヤを調整しているよ。

↑サイズが10倍も大きいと時間がかかるんだ。

●すばらしい駐車だ。

●なんてこった。すごいおびえてるようだ。

(投稿者)そのときはね。今ではお腹を出してソファに座ってる。

↑その写真が欲しい。

(投稿者)
トラックの下でおびえてる子猫03

↑それはソファじゃないよ。

(投稿者)主張されたので。
トラックの下でおびえてる子猫04


飼い主に恵まれたようで、今ではすっかりリラックスできているようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(9)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。