2016年06月22日 10:18

「バスに乗っていると後ろから肩をとんとんと叩かれた」と言うお話

 

「バスに乗っていると後ろから肩をとんとんと叩かれた」
僕がバスに乗って静かに読書をしていると、うしろから肩をトントンと叩く人がいます。

振り返るとそこにはおばあさんが立っていて、こう言いました。

「ねえ若い人、ナッツを食べないかい。ヘーゼルナッツにアーモンドが数個あるのよ。よかったらどうぞ」

So I was sitting on the bus just reading a book when somebody tapped me on the shoulder. : Jokes

「それはどうも」
僕が答えると、彼女はひとつかみのナッツをくれ、そして友人のいる彼女の席へ戻っていきました。

「親切なおばあさんだな」と思いながら、ナッツをもぐもぐと食べました。

数分すると、また誰かが肩をトントンと叩きます。

さっきのおばあさんが立っていて、再びナッツを勧めてきました。

喜んでもらうと彼女は席に戻りました。

そして10分ほど経つと、彼女は肩をトントンしてきます。

またナッツの申し出でした。

そこで尋ねました。
「なぜ自分で食べないのですか?」

「私たちは食べたくても歯がないの」と答えました。

「じゃあなぜ買うのですか?」

「ああ、それはね、その周りについているチョコレートが好きだからよ」


このジョークの教訓: 年寄りの「もったいない」精神には落とし穴がある。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(15)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。