歴史 / zeronpa / URL
2016年07月26日 22:08

1980年代にブラジルで起きたゴールドラッシュ…10万人が殺到し、毎月60件以上の殺人事件

 

ブラジルのゴールドラッシュ00
ゴールドラッシュといえば1848年に始まった「カリフォルニア・ゴールドラッシュ」が最も有名ですが、南北アメリカ大陸やオーストラリアなど各地でたびたび起きており、30数年前にもブラジルでゴールドラッシュが起きています。

1979年、ブラジル人の農夫ジェネシオ・フェレイラ・ダ・シルバさんは、所有地に小さな金塊を見つけ、地質学者を雇って調査をすると、たちまちそのことが噂で広まりました。

ピーク時の労働者は10万人を越え、総重量44.5トンの金塊を掘り起こした当時の様子をご覧ください。

Gold Rush In Brazil In The 80's

ブラジルのゴールドラッシュ06
5週間後には1万人の労働者がその農場の所有地に集まり、その近くにも1万2000人が集まりました。

ブラジルのゴールドラッシュ11
そしてすぐに6.8kgの大きな金の塊が見つかりました。
当時の相場で10万8000ドル、2016年の相場で31万ドル(約3100万円)

ブラジルのゴールドラッシュ08
かなりへんぴな場所だったので、まずは飛行機で付近の飛行場、近くの町までタクシー、それから徒歩で行く必要がありました。労働者はみな、手で持てる分の道具しか持ち込めませんでした。

ブラジルのゴールドラッシュ01
あまりの人口密度のため、労働者1人当たり区画を2mx3mに割り当てることに。

ブラジルのゴールドラッシュ02
区画を測っているところ。

ブラジルのゴールドラッシュ03
区画の底を掘っているところ。

ブラジルのゴールドラッシュ04
掘ったものを運び出す労働者たち。

ブラジルのゴールドラッシュ09
水のポンプを調節しているところ。

ブラジルのゴールドラッシュ07
真っ黒な労働者。

ブラジルのゴールドラッシュ05
劣悪な労働環境ですが……。

ブラジルのゴールドラッシュ10
ほとんどの労働者は一攫千金とはいかず、1日2〜3ドル(2〜300百円)の賃金で働いていました。

金鉱山からは1980年から閉鎖される1986年の間に、約44.5トンの金塊が堀り出されました。そのうち9割はブラックマーケットで売られました。

10万人が殺到したことで小さな町は一気に発展するものの、未解決の殺人事件が毎月60〜80件あったそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。