2016年08月01日 10:34

「イギリスでは歩行者の信号無視は違法ではない」海外の反応

 

ジェイウォーク
交通規則を守るのは当たり前の話ですが、国が違うとルールそのものが異なり、厳しさや習慣に差が出てきます。

なんとイギリスでは、歩行者が信号無視行為をしても違法ではないのです。

TIL that jaywalking is not illegal in the UK

交通規則や信号を無視して道路を横断する行為を、英語で「ジェイウォーク」“jaywalk”と呼びます。

当然、日本でもアメリカでも、赤信号で渡る行為は交通法で規制されているのですが、イギリス人は赤信号でも気にせず、車が来ていなければどんどん渡って行きます。

横断歩道を安全な方法で渡ることは強制ではなく、個人に安全に渡る判断が委ねられているのです。

当然車に轢かれたりすれば、自己責任ということになります。

お国柄の出るこの交通法の違いに、海外掲示板ではイギリス人も交えた多くの意見が寄せられていました。

●イギリス出身者としては、「ジェイウォーク」が何か、最近まで知らなかった。
アントワープ(ベルギー)で道路を横切って50ユーロの罰金を払わされそうになった。警官に財布を持っていないと伝えたら、身分証明書を持ち歩かないと違法であることも、そこで知った。

↑それはアメリカでもそうなの? 身分証明書なんて外でエクササイズするときに所持したことないよ。

↑自分はニューヨークに住んでいるが、身分証明書の所持は必須ではない。

↑グリーンカード(外国人永住権)の人は、常に所持していなければいけない。

●イギリスでは、
「ジェイウォークは違法ではない」ではなく、
「ジェイウォークそのものがない」だ。

↑そうだ。われわれは道路を渡ると呼ぶ。

●ダメなことは知っていたが、ロサンゼルスでジェイウォークをしたよ。「ブリストルではウェールズ人を弓矢で射っていい」(中世の法律が今も残っている)と同じようなジョークの法律だと思ってたんだ。

↑本当にジョーク?

↑アメリカ人はわれわれの自由が嫌いなんだ。

●ジェイウォークは、自動車を不利にしないために、自動車会社によって作られたマーケティング戦略なんだ。

↑え? アメリカの愚かな法律は巨大な民間企業が命じるの?

●イギリスだけじゃないよ。ほとんどの国では、自動車の走る往来へ歩行者が来ないように信頼されているよ。

↑フランスだが、基本的に車のドライバーは歩行者に道を譲らなければいけない。そして昔は歩行者に横断歩道以外のところを渡ると4ユーロの罰金があったが、今はほぼなくなった。

●自分もイギリス出身だが、自分もアメリカのテレビでよく言ってる「ジェイウォーク」が何かを最近知ったよ。道路を渡ろうとして警察ともめているのを見て、なんて厳しいルールなんだと驚いた。
(追記)大勢のアメリカ人がふらふらと道路を渡る人がいるから法律が必要だと主張してくるんだけど、それは理解するけど、道路での振る舞いがそんなに悪いのは教育時に正しく渡るマナーを教えいないからではないかな。
90年代に子供だった自分は、いまだにこのビデオが脳裏にやきついているよ。

Child Road Safety - King of the road - YouTube
安全なハリネズミからもう逃げられない。

↑自分も、止まって、よく見て、よく聞くってのが、頭に叩き込まれているよ。

↑去年モントリオール(カナダ)に行って、人々がジェイウォークをして違反チケットを切られているのを目撃した。ぶったまげた。

↑ケベック(カナダ)の警察は最低だよ。考えられる最も小さなことでも、違反チケットを配ってくるんだ。なにかノルマでもあるんじゃないかな。完全に腐敗してるね。ただ他の国みんながそうではない。

●イギリス人としては、アメリカでは好きなときに道路を渡るのが違法で、銃を持つのは合法ってのが理解できないのだが。

↑だからアメリカは銃が必要なんだよ。イギリスでは走って逃げられるだろ。アメリカでは青まで待たなくちゃいけないんだ。

↑「なんてこった、この男に殺される。だけど走って逃げたら50ドルの罰金か、くそ、じゃあ死ぬことにする」こんな感じ?

↑おい、死なないかもしれないだろ。軽くケガするだけで済むかもしれないだろ。でも、そのあとで医療費の借金が膨れ上がって死にたくなるかもしれないが……。
(参照:「もうこんな国いやだ…」アメリカで請求された恐ろしく高額な医療費14例

●「ジェイウォーク」って何? by中国の全国民

↑インド人も一緒。

●この掲示板のアメリカ人の大勢がジェイウォークによるトラブルを起こした経験があるのが驚きだ。自分はボストン、ニューヨーク、フィラデルフィアで過ごしたが、これらの都市ではみんなジェイウォークをしているよ。警官もね。

●自己責任……なんという概念だ。

●イギリスでも大きな道路では違法だし、それは小さな道路での話だよ。

●イギリスの観光地に住んでいるんだけど、アメリカ人観光客が赤で渡るわれわれを見て、恐怖に顔を引きつらせているのがちょっと楽しい。ちなみに毎日赤信号を渡ってる。

●ドイツでは車が1台も来ていなくても、青になるのを待つんだ。そうでないと、ちょっと軽蔑されるんだよ。どちらかと言えば、個人の安全というよりは、子供への見本。


日本の道交法でも違反行為ですが、アメリカのように違反チケットを切られることは基本的にありませんね。

どちらかというとドイツ人みたいな感覚の人が多い気はします。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(11)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. コピー機は武器  [ 【小人閑居シテ駄文記ス】 ]   2016年08月02日 19:38
【 世界6大都市を「東京化」してみたら】(designboom magazine) なんだこれ、面白い! 確かにゴテゴテガチャガチャしてるのはいかにも日本っぽいんだけど、それはそれで日本の文化だし、「みっともないから海外のような町並みを!」なんて言うのはナンセンスだと思う。 店
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。