2016年08月12日 12:52

「母親がつくウソ、ありがちなのはどんなこと?」共感できる例いろいろ

 

母親の嘘
子供のことを思ってか、単に自分の都合なのか、母親というのは時にその場限りの嘘をつくことがあります。

「一般的な母親のつくウソの中で、最も多いのはどんなこと?」と、海外掲示板に質問がありました。

共感できる例を、抜粋してご紹介します。

What's the most common lie told by mothers? : AskReddit

●「怒らないから、正直に言ってごらん」

↑「わかったよ、最後のドーナツを食べたのは僕だよ……。えっと、わかったよ、最後の12個を全部食べたのは僕だよ」→2週間の罰。

●「XをするのはY歳になってからね」
いざ自分がその年になって許可をもらうと、妹や弟はたった数か月後にできるようになっている。

↑長男として、それは本当にムカつく。自分はいつもY歳まで待たされ、なぜか妹や弟には甘いんだ。

●誕生日やクリスマスに、おばあちゃんから小切手をもらったとき。(日本だとお年玉)
「大学費用のために貯めておくからね」
大学費用は一切もらえなかった。自分で払わなくてはいけなかった。いまだにそれがどうなったのかわからない。

●「そのお金は緊急のときのために預かっておくわね」

●「あとでね」
その「あとで」は絶対に来ないんだ。

↑自分が子供にそれを言うときは、本当にあとでするつもりで言うが、時々それが何だったかを忘れる。なのでいじけるよりも、私に思い出させるべきだと教えている。

●カットした後。
「あら、その髪型すてきじゃない」

●「本当にあなたは男前よ」

↑「あなたの彼女になる子はとてもラッキーね」

●「あなたたちは平等に大好きよ」

↑うちの母親は自分より弟のほうが好きだと思う。でもすごい弟なので、それはかまわない。

●「さあね。お父さんに聞いてみないと」
この答えは必ず、「お母さんは何ていったんだ?」に続く。

●「ごはんができたわよ」

↑子「5分待って」
母「今すぐよ!」
子:食卓へ向かって「ごはんは?」
母「あと5分で出来るわ」

↑読んでるだけでムカついてきた。

●「5分で済むわ」
特に買い物に出かけるときの嘘。

●母親はいつも、私の出産は身体的な負担がかからなかったと言っていた。そのことを18歳までとても自慢に思っていたら、実は養子だった。

↑ごめん、それはひどくておもしろい。笑った。

●「あの音のうるさいおもちゃ? さぁ、どこへ行ったのかわからないわ」

●「さあ、早く起きなさい! もう8時半よ!」実は8時7分。

●うちの両親は私に、「お前には砂糖アレルギーがあって、食べると死ぬ」と嘘をついていた。誕生日に学校で他の子がカップケーキを食べているときさえ、ニンジンスティックやピーナツなどの「代わりのスナック」を先生のところにもってきていた。

●性交渉は結婚した2人だけがするものよ。

●「太ってないわ、体格がしっかりしてるだけ」


日本人でも共感できるものばかりではないでしょうか。

どこの国でも母親は似たようなことを言ってるものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(10)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。