2016年08月21日 23:15

「古い車を改造して、移動できるスタジオにした」ビフォー・アフター写真

 

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造00
カリフォルニア州の男性が、中古のフルサイズのバンを改造し、移動できる職場環境を構築したそうです。

車種は2003年製のシボレー・エクスプレス。

どんなものが出来上がったのか、ご覧ください。

How I converted a rusty cargo van into a unique mobile studio

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造01
走行距離32万kmの中古を安く買ったため、かなり薄汚れた車内。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造02
まずは基本の大掃除。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造03
みがいたり、塗装したりして、真っ白な車内に。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造04
見た目はもちろん、快適さも重要なので、断熱材を貼っているところ。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造05
グラスファイバーの断熱材はポリ袋で密封。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造06
天井には木材、こだわりを感じます。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造07
そして完成したものがこちら。

仕事がしやすいよう、窓にはガラスの代わりに黒板。宿泊も可能なベッド完備です。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造08
窓を開けると、この絶景!

カリフォルニア州のキャンプ場の駐車場だそうです。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造09
パソコンで仕事中。

古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造10
車の外観。

この移動オフィスに対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これを見て、とても楽しめたよ。

●すごくいいね。でも、どこでトイレをするの?

(投稿者)答え:公共のトイレ。

↑想像するに、ジムの会員でシャワーも浴びられる?

(投稿者)その通り、その通り。

↑ウォルマートはRV車にフレンドリーだよ。店から遠いところに止めてリラックス。そして朝のトイレ、そして出るときにホットドッグを補給して出発。

●これはとても良い仕上がりだ!
やってみたい、モチベーションになったよ。想定外の一番のハードルは何?

(投稿者)どれくらいかかるか、全てを過小評価しすぎていたよ。特に木を使うところ。あと、自分は完璧主義者なので、木材の着色剤をどれにしようかテストするだけで1週間もかかった。

●窓に網戸をつける?

(投稿者)誰も聞いていないことを聞かれた。窓のところはマジックテープで取り外しのできるネットになっている。

●ベッドの長さはどれくらい? とても短く見えるので。

(投稿者)5フィート(約150cm)よりちょっと大きいくらい。なので斜めか丸くなって寝なくちゃいけない。でも身長170cmなら、そう悪くないよ。

↑じゃあぴったりだね。でも191cmの自分にはきつい。

(投稿者)もう少し長いバンにしてベッドはバンと平行にするといい。そうしている人を見たことある。

●内側をあまり見えるようにしないほうがいい。頻繁に泥棒が入るから。

↑こうしておけば大丈夫。
古びたバンをスタイリッシュな移動スタジオに改造11

●どれくらい余分に重量が増えたと思う?
それがガソリンの消費に影響していると思う?

(投稿者)わからないなあ。たいてい1ガロン(約3.8リットル)あたり10〜12マイル(約16〜19km)。


キャンピングカーではないので、トイレなどが近くにある場所に限られますが、うらやましくなる仕事環境ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。