2016年08月22日 12:43

炭酸飲料はペットボトルより缶のほうが炭酸が強い…理由があった

 

炭酸飲料はペットボトルより缶のほうが炭酸が強い
同じ炭酸飲料を飲んだときでも、ペットボトル入りより缶入りのほうが、炭酸が強いと感じませんか?

実はそれには理由があるのです。

TIL soda is fizzier in cans because CO2 cannot escape an aluminium can.

実は製造過程では同じ量の炭酸が注入されているのですが、缶のほうが炭酸が強いことが多いそうです。

それはアルミニウム(缶)よりもプラスチック(ペットボトル)のほうが二酸化炭素の浸透性が高いことから、炭酸が早く抜けるため。
(炭酸は水に二酸化炭素が溶解して生じる)

よって缶の炭酸飲料の方がおいしく感じる人が多いとのことです。

以前、ペットボトルと缶の炭酸飲料の違いを見分ける味のテストを実施したところ、全員がその違いを見分けられたそうです。

ただし材質よりも温度のほうが炭酸への影響が大きいことも判明しています。

炭酸は冷たい温度のほうが溶けやすく、常温では液体から離れて上方へ向かい、フタと飲み物の間のスペースに留まります。そしてフタを開けたときに一気に抜けます。

ちなみにガラス瓶は、アルミ缶よりもさらに炭酸飲料を変質させる特性が低いので、一番人気だそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これは納得がいく。もう何年も自分がおかしいのだと思っていた。

↑自分もだ。缶入りのほうがペットボトルよりずっとおいしいと思っていた。

↑間違いなく缶のほうがおいしい。

↑疑いの余地なく、ペットボトル<缶<ガラス瓶

↑最近1.5リットルのガラス瓶のコーラを買ったが、思っていたよりしゅわしゅわを長くキープしていたよ。メキシコ人にありがとうだ。

↑一番純粋な味を提供しているのはガラスってことだ。

●ポピュラーな炭酸飲料メーカーで働いているが、この特性を見越してペットボトルのほうが炭酸を多く注入されていた。賞味期限日までの真ん中以前に飲むならペットボトルのほうが良い。缶と瓶はだいたい同じ。ただ缶のほうが瓶に比べて味が変わりやすい。

↑今日、自分は缶の味が好きなんだと知った。

●だいたい賞味期限はどれくらいで切れるの?

↑メーカーによるが、自分が働いているところは、ペットボトルで12〜16週で、缶で48週、ダイエット缶で16週、ガラス瓶は24週。


確かに冷えた缶飲料のほうが、炭酸が強いような気はしますね。

飲み比べをするのも面白いかと思います。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。