2016年09月04日 22:40

「絶望した…」海外の残念な宅配荷物の例いろいろ

 

海外の宅配便00
日本でも宅配荷物の扱いが悪いなどのトラブルを聞くことがありますが、海外では遅配や紛失など、悪評のレベルは数段違うと言っても差しつかえありません。

受取人たちを嘆かせた、残念な宅配荷物の例をご紹介します。

1.
海外の宅配便01
「帰宅したら玄関の前がこんなことに」

2.
海外の宅配便02
「踏みやがった!」

3.
海外の宅配便03
宅配メモ「車の側のバケツの下にあります」

4.
海外の宅配便04
宅配メモ「茂みの中にあります」

5.
海外の宅配便05
いったい何があったって言うの!?

6.
海外の宅配便06
「見ての通り」

7.
海外の宅配便07
宅配メモ「申し訳ありません、こちらは郵送中に損傷してしまいました」

8.
海外の宅配便08
「お、お金がー!」

9.
海外の宅配便09
「開けたらせめて閉じてくれ」

10.
海外の宅配便10
「それ、入ってないから」

11.
海外の宅配便11
「どうやって取り出そう?」

12.
海外の宅配便12
「なぜ入れようと思った!?」

13.
海外の宅配便13
「ここに置きたくなった気持ちはわかる」

14.
海外の宅配便14
「捨てちゃうところだよ!」

15.
海外の宅配便16
「この荷物に恨みでもあったのだろうか?」

16.
海外の宅配便15
「パソコンのメモリがこんな状態で届いた」

17.
海外の宅配便17
「かつてワイングラスだったもの」

18.
海外の宅配便18
「新品……中古……ジャンク」


箱の損傷ならともかく、中身までとなると辛すぎますね。

さすがにこのレベルは珍しいと信じたいところですが、国際便を利用するときは覚悟しておいた方が無難です。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(16)
この記事へのトラックバック
1. 「絶望した…」海外の残念な宅配荷物の例いろいろ  [ 他力本願 ]   2016年09月04日 23:08
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。