2016年09月07日 11:14

「車の傷を残したままクールにしてみた…」感心されていたアイデア

 

車の傷をクールにする技00
ヘッドライトの上の部分に傷が入ってしまった赤い車。

普通ならショックを受けて塗装し直すところですが、元通りの綺麗な状態にするのは簡単ではありません。

ところが、この傷を残したまま、ひと工夫を加えてクールに変えた人がいました。

写真をご覧ください。

The pin-striping on this truck is a little fireman putting out a miniature painted on decal of a speed flame.

車の傷をクールにする技01
おお、かわいい!

消防士が放水することで、傷が炎のように見えます。

赤い車ならではの傷の活用方法ですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●傷だと思って近づいてみると、小さな良いアートだと思えるのがいいね。

●何かほほえましいと思うのは自分だけ?

↑いや、自分も最初にそれを見たときに「あうっ」と思ったよ。

●クリエイティブとはこのことだね!

●まるで炎が傷のように見えるよ。

↑傷を絵のようにしたんだと思ったけど、そう言われたら今は逆に思えてきた。

↑「ねえ、傷さん、お願いだから自分を炎で覆ってもらえますか。そうすりゃ恥ずかしい状態で走り回らなくて済むからね。ありがとう!」

●しかしその水の勢いでは、火は消せないと思う。

↑放水し始めたばかりかもしれないよ。

↑あるいは終わりかけ。最初はもっと大炎上していたのかもしれない。

●こういう、どうでもいいところで細かいのは好き。子供がこれに気づいて、いろいろアイデアが広がるんだ。そして大人がこれに気づくと、また子供みたいな気分になれる。


普通に塗装し直すよりも、この方がクールだとの意見もありました。

まさにマイナスをプラスに変えるアイデアですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。