2016年09月10日 19:30

1枚の紙を切ったり破いたり…ちょっと3Dが加わったイラストいろいろ

 

「少し立体」なアート00
紙に描くだけでは2次元の壁は超えられませんが、切ったりやぶいたりすれば、3次元の要素が加わります。

そんなコンセプトの元に、デンマークのアーティストHuskMitNavnさんが独自の作品を生み出しました。

自由な発想の作品をご覧ください。

Simple Sheets Of Paper Get Transformed Into Amusing 3D Scenes

1.
「少し立体」なアート01
新体操のリボン。

2.
「少し立体」なアート02
競泳……フライング?

3.
「少し立体」なアート03
ATM。

4.
「少し立体」なアート04
ベルトを外して、ずり落ちたズボン。

5.
「少し立体」なアート05
ギュッと絞り出した歯磨き粉。

6.
「少し立体」なアート06
ナイスシュート! ゴールを突き抜けた!

7.
「少し立体」なアート07
一枚の紙とは思えない、立体感と遠近感。

8.
「少し立体」なアート08
力強く削り取ったアイスクリーム。

9.
「少し立体」なアート09
熊手を踏んだらこうなった。

10.
「少し立体」なアート10
魚の缶詰。

11.
「少し立体」なアート11
望遠鏡の先には何が見えてるのでしょう。

12.
「少し立体」なアート12
トランプタワー。

13.
「少し立体」なアート14
躍動感いっぱいの棒高跳び。

14.
「少し立体」なアート15
サメに襲われてる!?

15.
「少し立体」なアート16
紙なのに重そう。

16.
「少し立体」なアート17
ひとりは寂しい。


以上16点。

3次元を加えることで、アートの可能性は広がるものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。