2016年09月11日 19:49

「アーチェリーの世界記録は…なんと両腕のない人が保持している」海外の反応

 

マット・スタッツマン00
アメリカ人のマット・スタッツマンさんは、現在アーチェリーのギネス世界記録を持っています。

「最も長い距離の的を正確に射抜いた」というもので、記録した距離は283.47m。

そして、さらに驚きなのは彼には両腕がないことです。

TIL that a man without arms holds the archery record for the farthest accurate distance category.

マット・スタッツマン01
記録が作られたのは2015年12月9日、テキサス州のゴルフクラブの施設で達成されました。

生まれつき腕がなかったマットさんは、足と肩を使って、健常者によるそれまでの記録を破りました。
(2005年にオーストラリアのピーター・テリーさんによって達成された200m)

パラリンピック・アメリカ代表で金メダルを目指しているマットさんには、いくつもの夢があり、「腕が生えてくるわけもないので、どうせなら前へ進むという考えでポジティブにしている」と述べています。

この記事に対する海外掲示板のコメントをご紹介します。

●どうやって?

●彼は最上のプレイヤーだけでなく、アーチェリーランキングでも12番目だ。

(投稿者)ラジオで彼が言っていたけど、家族でハンティングに行くのが好きらしい。それで自分で撃ち方を覚えていったそうだよ。

↑アーチェリーは2009年までやっていなかったらしい。

●どうやって腕の無い人が世界記録を持てるわけ?

↑足のほうが腕より長い。だから彼のカテゴリは「もっとも距離が長い」だ。

●腕は放つことに不正確なメカニズムなので、彼は不公平にも有利である。

●彼の記録を破るやつは、とても嫌なヤツに感じてしまうだろう。

●今日、自分は階段を上がっている途中で転んだってのに。

●自分に腕がないことを想像してみよう。

●記録映像。

World Record Attempt: Armless Archer Matt Stutzman Looks to Make History - YouTube


ハンデキャップを感じさせないどころか、世界一の記録を持っていることに感心する人ばかりでした。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。