2016年09月19日 15:00

「教会のミサで配られるパンとワイン…今どきはこんなスタイルになっている」

 

教会のミサで配られるパンとワイン00
キリスト教のミサや聖餐(せいさん)では、イエス・キリストの最後の晩餐にちなんで、パンとワインを配り、信徒はそれを拝領することで信仰を示してきました。

パンはひと口ほどのサイズで、ワインもグラスにひと口程度が一般的でしたが、「昨今はこんなスタイルになっている」と写真が話題を呼んでいました。

For the Sinner on the go

教会のミサで配られるパンとワイン01
なんと合理的!

給食やファストフードのソースのようなパッケージされたパンとワイン。

いまどきの教会も簡易化、効率化しているようで、これならテイクアウトもできますね。

しかし教会でこれを一斉にぷちぷちと開けて、拝領する様子はなんだかありがたみがないような……。

●許したもう。

↑これは日曜日のミサ用アプリと相性がいい。

●ノー! これってリアル? 笑えるんだけど。

↑リアルだよ。手軽で清潔である。

↑リアルだけでなく、Amazon.comで手に入る。(違うブランドだけど)
教会のミサで配られるパンとワイン02

↑ワンクリックでOKな時代。

↑気に入ったのは、Q&Aコーナーのところ。
質問:ウェハースは何で出来ていますか?
回答:キリストの御体です。

●もう自分は教会のドライブスルーができて、Lサイズのフライドポテトといっしょに罪が許されるのを待つよ。

↑「マリア様の祝福2つと、Lサイズのフライドポテト1、オレンジジュース1、その他になにか告白することはありますか?」

●うちの祖母は高齢で歩けないので、教会に行くことができない。なので家族がこれを持ち帰ってくると彼女も毎週参加できるんだ。

↑それだけを目的にするべきだと思う。でないとプラスチックと資金の無駄だと思う。


伝統のあるものが近代的になると、初めは違和感があるようです。

そのうち本当にドライブスルーの懺悔室みたいなものが、受け入れられてるかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。