2016年09月27日 20:46

「募金箱の中身がいつもと違う…」動物保護施設のスタッフがびっくりした理由

 

動物保護施設の募金箱にびっくり00
アメリカ・カリフォルニア州のパサデナ動物保護施設は、毎年1万2000匹の動物たちを扱っており、ボランティアや寄付によって支えられているそうです。

ある日、スタッフの1人が施設の募金箱に目を向けたところ、いつもと違う様子に仰天したそうです。

募金箱の中身をご覧ください。

動物保護施設の募金箱にびっくり01
わっ、札束の山!

20ドル紙幣が大量に入っていて、数えたところ8000ドル(約80万円)もありました。

しかも、これだけの額にもかかわらず、誰が寄付したのか目撃者はいないとのことです。

動物保護施設の募金箱にびっくり02
こんなに中身がいっぱいの募金箱は見たことがないと、感激したスタッフ一同。

動物保護施設の募金箱にびっくり03
Facebookで感謝を述べるとともに、寄付してくれた人を探しているとのことです。

動物保護施設の募金箱にびっくり04
どこの誰かもわかっていませんが、人知れず大金を寄付していき、颯爽と立ち去るなんて、粋なことをする人がいるものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。