2016年11月08日 12:50

「この表記、いくらなんでもズルくない?」アメリカの『塩分50%カット』インスタントラーメンが何かおかしい

 

塩分50%カットのラーメン00
海外でも手軽さが人気のインスタントラーメンですが、栄養面で見るとあまり健康的な食品とは言えません。

しかし近年は低カロリーやヘルシーさを売りにした商品も増えてきました。

アメリカの商品パッケージには、「塩分が50%もカット」と表記があるのですが、箱の裏側を見てみると……。

This ramen cooker claims to reduce sodium by 50%, but when you look at the back.

塩分50%カットのラーメン01
電子レンジでチンできる手軽なインスタントラーメン。

パッケージの後ろを見てみると、こんなくだりが……。

「塩分を半分にするには、調味料を半分だけお使いください」

!!!

確かに塩分は半分になるでしょうが……。

このやり方で「塩分50%カット」と載せても良いのでしょうか。

調味料の塩分0〜100%まで何でも有りになってしまう方法ですが、訴訟社会のアメリカでこれが通用することに驚きです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「ヘルシー・クッキング」50%も塩分を減らせる。これはマーケティング担当の給与を上げるべき。

●塩分を減らすには、半分だけ食べればいいんだよ。

↑そうすると半分の塩分だから2倍食べられるってことだな。

↑塩分を半分にするなら身体も半分にしよう。

↑そう。全部食べてからだ。

↑ちゃんと体に浸透させてからだぞ。

●「このラーメンはピザに変えられます!」
(※ラーメンからピザに変えるには、ラーメンの箱の中にピザをお入れください)

↑それはいったいどんな錬金術なんだよ。

↑ラーメンを純金に変えることもできる。自前の純金を持ってさえいればね。

●半分だけ食べたら、カロリーも半分にできるよ。

↑だから食べる分を半分にすれば、カロリーが小さくなるので2倍食べられるんだ!

●しかもこのスピードクッキングのラーメンは、半分の水しか使わないので、調理の時間も半分なんだ。だから調味料も半分ですむんだ。と、製造者が説明していた。

↑みんなラーメンにスープいらないの? 自分はスープ有で作る。そんなドライで塩辛い麺だけを食べるなんて変だ。

↑自分はいつもゆでてから、水をほとんど捨てて調味料を麺に混ぜていた。スープ付きだと味が薄いと思って、いつも水分なしで食ってた。

↑わかる。

●コンロで作るときはスープ扱いで。マッシュルームや卵、もやし、チリオイルなどを入れて。

↑自分がラーメンを食べるのは面倒くさいときで、味の濃い麺が食べたいときだ。

●こういう商品がアメリカ以外に輸出されると、絶対にステッカーがあちこちに貼られる。
塩分50%カットのラーメン02

↑え? よその国ではアメリカのはったり商品を輸入するときにそうしてるってこと?

↑ええと、それはよその国では、露骨な誇大表示やごまかし、別名「嘘」は許されていないということか。

●栄養成分以外のところは何も信じてはいけない、そこだけが規制されている。


他国の人々は、アメリカのあまりにひどいマーケティング戦略に驚いていました。

ちなみに売れ行きは良好とのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(14)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。