2016年12月18日 12:27

「今日はマイナス15度の雪の日だけど…あの車を見てくれ、信じられるか?」

 

今日はマイナス15度00
アメリカ北部のクリーブランド(オハイオ州)は、マイナス15度の寒さに見舞われているそうです。

風速も15mある厳寒の中、「道路で信じられない車を見かけた!」と、海外掲示板に写真が投稿されていました。

どんな車なのかご覧ください。

5 degrees in Cleveland today with 30 MPH winds? I think I'll take the convertible.

今日はマイナス15度01
雪の降り積もる、マイナス15度の道路。

並ぶ車の中に、ちょっとおかしな車があります。

よく見ると……ルーフトップがない!?

堂々たるコンバーチブル。

もちろん雪だって風だって直撃します。いくらオープンカー好きだとしても気合が入り過ぎというものでしょう。

この車に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ミシガン州カラマズ〜バトル・クリーク間のI-94(高速)を、いつも男が運転するホンダS2000が走っていた。雨や雪などどんな天気であっても関係なく、必ずルーフは開いていた。
今日はマイナス15度04
(参考:S2000)

↑それは誰かがルーフを盗んだのでは。

↑可能性はあるな、追いかけて聞いたことはないので。

↑そうじゃない。ほとんどのS2000に乗ってる人間は、可能な限り開けて走ることにプライドを持ってるんだよ。どんな極端な天候でもね。自分も数年ほど所有していた。

●日産の350Z所有だが、時速50マイル以上で走ると、上が開いていても雨は入ってこない。
今日はマイナス15度02
(参考:350Z)

●きっと今日、女の子をナンパしに行くんだよ。

↑彼は十分にクールだしな。

●コンバーチブルのルールは「嵐に名前がついてないならルーフは開ける」なんだ。

●1月の夜中1時頃にマイナス36度を記録した日のこと。
凍って固まったアパートのドアを開けようとしたら、道路から音が聞こえてきた。
通りに近づいて見てみると、ヘッドライトが1つこっちに向いていた。パーカーを着て、凍ったあごひげをした大男がビンテージのスクーターか何かに乗って、足を外に出し、エンジンをふかしながら走り去った。すごい経験だった。

●元Miataの所有者としては……完全に気持ちがわかる。
今日はマイナス15度03
(参考:Miata)


コンバーチブルに乗る人は、開けることにプライドを持つ人が多いとのことでした。

こだわりを貫くにも根性が必要のようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(18)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。