2016年12月20日 09:00

「13歳のときに描いた自画像」と「23歳のときに描いた自画像」10年の進歩

 

10年間での自画像の変化00
どんな物事も継続していると上達していくものです。

とある海外の男性が「13歳のとき」と「23歳のとき」に描いた、2枚の自画像を紹介していました。

10年の歳月で、絵にどれだけ変化があったのかご覧ください。

Two self portraits I drew from a mirror 10 years apart, aged 13 and 23

10年間での自画像の変化01
左が13歳のとき、右が23歳のときに描いたもの。

右はもはや写真と見間違えるほどの出来栄えで、10年間の上達ぶりに、ただただ感心するばかりです。

この2枚の自画像に対し、海外掲示板にさまざまな意見が寄せられていました。

●風貌がずいぶん変わったね。

↑思春期の自画像は、投稿者の絵のスキルに打撃を与えたな。

↑あるいは単なる整形とか。

↑絵のスキルは整形では助けにならんだろう。

●初期のセガのゲームグラフィックスと、
10年間での自画像の変化03_e
最上級のPCでプレイする「スカイリム」のグラフィックスくらい、
10年間での自画像の変化04
大きな差がある。

●やっと鏡をきれいにしたんだね。

●自分の7歳のときの自画像と17歳のときの自画像。
10年間での自画像の変化02

↑かわいそうな鼻だが、気にしてないといいけど。

↑気にしてないやつの顔ではない。

●気分がよりネガティブになっていったんだな。とても正確だ。

(投稿者)ありがとう。

↑大人の世界へようこそ。ここからどんどん下り坂です。

●普通の練習以外に、いったい何をすれば、そこまで画力が上達するの?

(投稿者)継続して毎日絵を描くことと、かなりの量のネットのコミュニティによるサポート。
2006年に出会った素晴らしいアートコミュニティで、友人たちも絶えず向上していき、お互いに助け合ったり、いろんな視点を共有できたのはすばらしい経験だった。
その点についてはとても幸運だと思っていて、あのコミュニティには良い時期に出会えたと感じている。
あとは、美大に多くの時間を割くよりは、アトリエタイプのところに通っていた。
もし僕の他の絵に興味があるなら、非現実的な世界観のものがほとんどだけど、インスタグラム(@miles_art)で見られるよ。
あとはがんばって。絵を描くことは楽しい! 大事なことはやめないこと。


絵の上達方法は、やはり「続けることが一番」とのことでした。きっと一般人には想像もできないほどの練習量なのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。