2017年01月26日 10:41

「アラスカで『タイヤがパンクした』は、こういうときに使う…」納得の1枚

 

アラスカのタイヤのパンク00
環境や文化が変われば、言葉の意味も変わるものです。

海外掲示板で、
「アラスカで『タイヤがパンクした』とは、こういう状況を意味する」と、写真が紹介されていました。

どんな状況なのかご覧ください。

Alaskan Flat Tire

アラスカのタイヤのパンク01
なるほど……。

タイヤは使われていない状況ですが、妙に納得してしまいます。

この状態では走れないという意味において、車のタイヤがパンクしたのと何ら変わりはありません。

タイヤにメンテナンスや空気の補充が必要なように、この犬にも何か補充があれば、また元気に走り出すかもしれません。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●その犬はふざけて、かわいいだけと思うんだが、写真だと死んでるように見えてしまう。

↑ちょっとつらい日なだけだよ。

↑小さな穴を雪の中に掘ろうとしてて、途中で忘れてしまったんだよ。

↑うちのハスキーは実際にこの姿勢で寝る。
アラスカのタイヤのパンク02

↑うちの犬は生きてるかどうか、1日に10回くらい確認しなくちゃいけない。

●他の犬たち「ハロルド、またかよ」って感じで見てる。

●他のタイヤたちはこの犬を避けているな。

●「エンジンライトをチェックだ、シリンダーが着火しない!」

●ワイオミング州に犬ぞりをしに行った。そこで学んだけど、犬は雪の中で転がったり、体を冷ますために雪を食べたり、こういうことをするよ。とても良い体験だった。犬はすごいよ。愛すべき動物だ。

●犬ぞりはもっとも人間と犬が共生できるスポーツだよ。犬たちは走るのが大好きなんだ。そして自分はすべるのが大好き。

↑よく理解できてないかもだが、スポーツしているのは犬だけじゃないかい?

↑いちおうガイドはしなくちゃいけない。

●この犬たちは250kgくらいの人々を時速15km以上で、毛のコートに覆われながら引っ張っているんだ。自分だって体を冷やしたくなる。


実際は、はしゃいでいるのだと思いますが、犬のこんな状態も含めて犬ぞりは楽しそうですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(11)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。