2017年01月31日 12:44

「人間関係を良好にする裏ワザ、どんなものを知ってる?」コミュ力を上げるテクニックいろいろ

 

心理学的に人に使える裏技00
生活していく上で他人との交流は避けられませんが、できることならうまく立ち回りたいものです。

海外掲示板に、
「良好な人間関係を築くのに役立つ、心理学的な裏ワザがあったら教えてください」との質問がありました。

コミュ力を上げるための回答を、抜粋してご紹介します。

What are some good psychological tricks that work?

●話が止まらない人をさりげなく終わらせる方法。話の途中で何か物を落として、かがんで拾うとよい。

↑もしおしゃべりな人が職場にいたら、話しながら一緒に歩いてその人の作業場所まで行くと良い。すると、彼らは気づかないうちに自分の席に座ってちゃんと仕事に戻る。

●「失う恐怖」だよ。なぜクーポンに期限があるのか、なぜ航空会社が「残り2席」と公表するのか……まさにこの心理を使っている。
そしてうちの娘に「私が食べてしまうよ」と脅すのは、彼女に夕食を食べさせる唯一の方法でもある。

●小さな贈り物をすることで、自分への好感度を大きく高めてくれる。
いくつかの研究結果でも出ていたが、先に小さなギフトをしてから寄付をお願いすると協力してくれる確率がぐんと上がるらしい。

●自分がよく使うのは、なまけ者な同僚に「選択」を与えること。
以前映画館で働いていたが、2〜3人のなまけ者がいて、仕事が増えるとイライラしていた。そこでこんな風に言う。「もっと在庫を持って来なくちゃダメなんだけど、入口も掃除しなければいけない。在庫を持ってくるか、掃除するかどちらがいい?」
すると自分でどちらかを選ぶので、快くやってくれる。いつもこれでうまくいっていた。

↑それは子供にも使えるよ。

↑「こっちとあっち、どっちをする?」
「どっちもしたくない」
うちの子供は最低だ。

↑そのときは「自分で選ぶか、私が代わりに選ぶかどっちがいい?」と尋ねるんだ。
どちらにしても選ばせる。

↑なんてこった……。自分はそれを彼女にされてた。

●「沈黙」。
もし誰かに何かを認めて欲しいときや、良い取り引きに導きたいとき、そして余計に話を引き出したいときなどは、沈黙するとよい。特に電話だと効果的である。沈黙は会話において不安定な状態なので居心地が悪くなる。それでどんどん話し込んで深みにはまる。良い取り引きの申し入れもしてくれる。

●もし何かをやるモチベーションがないとき、自分に「10分だけしよう」と言い聞かせる。まったく何もしないより10分でもするほうがまし。

●いつもと違う状況では自信を持って行動する。「自分は何も気にしちゃいない」という態度は、人を威圧できる。

↑小売店に努めているが、服をそのまま持ち去る人がいても誰も止めない。
なぜかというと、その人があまりに自信たっぷりの態度だから。誰も怪しまずに服を買ったと思い込むんだ。

●小さなお願いをすることで、無意識のうちに自分をより気に入ってくれる。職場でテストしたが実際にうまくいく。

●「プライミング効果」
記憶を引き出させる何かで刺激して思い出させる方法だ。
例:もし朝に普段はしないことで、何かするべきことがあるとする。そこで家にある道具を、そこにあってはいけない場所に置く(例えばコーヒーメーカーをトイレに置くなど)。朝それに気づくと、それが引き金となって、すべきことを思い出す。

●混雑した場所を歩くとき、自分の目の前を見つめながら歩くと道が開ける。特に混雑した道を渡るときなどに使える。

●「子犬が欲しいときは、先に仔馬をねだれ」

●誰かが自分のことや自分の友人のことを悪く言うときに使う裏ワザ。
その悪口を皮肉やジョークだと思っているフリをして、話に乗ってオーバーなほどに同意したり、「そうだね」と言いながらウィンクしたり、ちょっと遊びっぽく突いたりする。そんな風に気づかないふりをすると、相手はわかるように説明するか(だいたいこれは相手の立場を悪くする)、あるいは何もせず彼らも同じようにジョークのフリをし出しておもしろい。

↑自分が聞いたのは、「そのジョークはわからないから説明して」と言うやつだ。


使えそうなテクニックもあるかと思います。

人間関係はいいに越したことはありませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。