2017年02月16日 20:19

「発想が斜め上と思いきや…」とある職業では愛用されている『引き出し』のデザイン

 

斜め上の発想00
「引き出し」は役割や機能がはっきりしていることもあり、思い切ったデザインを導入するにも限度があります。

ところがある職業で使われている引き出しが、斜め上の発想だと評されていました。

いったいどんなデザインなのでしょうか、写真をご覧ください。

So I saw this weird diagonal drawer the other day.

斜め上の発想01
わおっ、思いっきり斜め!

発想だけでなく物理的にも斜め上とは。

角度的には伸ばした手が取り出しやすそうですが、入れたものが全部片側にさーっと移動してしまわないか気になります。

しかしこの引き出し、とある職業では実用的な物として使われてるのだとか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●最初にパッと見て、なんて使えないんだと思ったけど、ノートとかを入れる分には便利だと思うよ。

↑どちらかと言えば、トップが使えないことが気になる。上か下に沿ってるほうが役立つと思うのだが、まるで使えなくするために努力をしているみたいに見える。

↑赤ちゃんを転がせると思う。きっと次々に動かさないといけない赤ちゃんがいっぱいいるんだ。

●これは視力測定をする「眼科医」のオフィスで2回ほど見たことがある。患者の処方のためのいろんなレンズトレーを入れるのに使っている。平らに並んでいるよりも、座っている位置から角度的にとても見やすくなるからだ。

↑自分も見たよ。ちなみにこの写真の後ろにはレーシックのパンフレットが写ってる。

↑いい視力だ。

↑まさにそのものだよ。「ひどいデザイン」や「ややムカつく」のカテゴリにすべきだとコメントした人は、使っているところを見たことがないんだと思う。特別なタスクでは良い解決になっている。
斜め上の発想02

●眼科で見たことがないな。でもそれが理由で自分は眼科に行ったのだろうな。

↑眼科クリニックの駐車場は、とても恐ろしい場所に違いない。

●背景を確認しなくても、引き出しだけで眼科医のオフィスだと思ったよ。自分の眼科医が同じカウンタートップを持っている。ただし引き出しの中は見たことはないけどね。

●これはリフラクト(屈折)デスクと呼ばれている。角度のついた引き出しはトライアルレンズのセット用で、1セットごとに何百ものレンズがついている。レンズが良く見える以外の目的はない。

↑足に擦り傷を作るという2番目の利用法があるよ。


不便なように見えて、ちゃんと目的があったのですね。

専用に特化した道具は一般人を混乱させるようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。