ゲーム PR / coush / URL
2017年04月04日 18:30

当選者総数100万人超、東京ドーム20個分…モンストミリオンくじが異常な事態に

 


いくらなんでも大盤振る舞いの度を超えてる…!

スマホアプリの『モンスターストライク』が、4月12日より5日連続で毎日抽選をする『モンストミリオンくじ』というキャンペーンを行うのですが…その当選人数、そして賞品一覧を見て唖然。

賞品総額3億円という規模に加え、なんと当選者総数が東京ドーム20個相当、100万人超という、とてつもない規模だったのです。

当選者数100万名以上、賞品総額3億円…空前の規模のモンストミリオンくじが始まる

この『モンストミリオンくじ』は、モンストを起動するだけで現金500万円をはじめ豪華賞品が当たるくじ。

もはや恒例になりつつあるイベントですが、今回のモンストミリオンくじは、賞品総額が3億円と、史上最大級の規模。さらにその当選者数たるや、なんと100万人以上。起動するだけで!?

100万人って…もはやあまりにも多すぎて、規模が全然イメージできない…!

「モンストミリオンくじ」って?

当選者数100万人ってどんな数?

そこで身近なもので、100万人がどんな規模か調べてみました。

東京ドームなら20個相当


まずはよく大規模な人数を表すのに使われる、東京ドームで何個分に相当するか計算してみると…東京ドームの野球時の収容人数は約5万人なので、100万人なら20個相当に。

野球中継などでは観客席に数え切れないほどの観客がギッシリと並んでいますが、あの20倍の規模の全員に当選って…凄すぎて全然イメージできない!

鳥取、島根、高知、徳島、福井、佐賀、山梨、香川県、全員当たってもまだ余る

では、都道府県の人口に例えてみるとどうでしょうか。


全人口が当選してもまだ余りある県を調べてみると、鳥取・島根・高知・徳島・福井・佐賀・山梨・香川の8県に。

また実際の当選者数、約120万人を基準にすると、和歌山・秋田・富山・宮崎・山形・石川・大分でさえも、全員が当選できる規模。鳥取なら一人2回当たってもまだ余るほど。

参加方法はモンストを起動するだけ…乗るしかない、このビッグウェーブに!


ちなみに大事なことなので2度言いますが、このモンストミリオンくじに参加する方法は、4月12日〜16日の間にモンストを起動するだけ。細かいことをいうと、トップ画面の「桜」ボタンをタップして「挑戦する」を押せばOKです。毎日抽選を行うため、当選チャンスは1人5回あります。

※4月12日(水)4:00から4月17日(月)3:59まで(日付の切り替わりは毎日4:00)。

プレゼントの一例を挙げると500万円が5名、100万円が20名、1万円がなんと3,000名、さらに1,500円分のiTunesギフトコードかGooglePlayカードが8万人に!その他にも書ききれないプレゼントがこんなに…!


また賞品の中には、貸し切り飛行機で無重力を体験できる『無重力体験実験賞』も。なにこれ面白そう…!

兎にも角にも100万人以上に幸せが訪れるこのイベント、もはや参加しない理由なんて何一つなし。乗るしかない、このビッグウェーブに!

まずは膨大なプレゼントや参加条件は、こちらで確認しておきましょう。

「モンストミリオンくじ」特設サイト

(C)mixi, Inc. All rights reserved.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。