2017年04月16日 22:48

「病気でみすぼらしい子猫を拾って育てることにした…」→2年後、飼い主が驚くほどフサフサの毛に

 

みすぼらしい猫がふさふさに00
ペルーのリマにある公園で、病気でほとんど動けずにいた生後3か月の子猫が保護されました。

発見した夫婦の看病によって元気を取り戻しましたが、みすぼらしい見た目としばらく医療費もかかることから、良い里親が現れる確率は高くありません。

そこで夫婦は、自分たちで引き取って育てることにしました。

Kitten Who Was Brought Back from the Brink, Clings to Her Rescuers, Now 2 Years Later

みすぼらしい猫がふさふさに01
チーファと名付けられた子猫。性別はメス。

みすぼらしい猫がふさふさに02
毛はぼさぼさで、弱々しいながらも懐いてくれました。

みすぼらしい猫がふさふさに03
すくすくと成長を遂げるチーファ。

みすぼらしい猫がふさふさに04
毛並みも美しくなり……。

みすぼらしい猫がふさふさに05
他の猫と比べてもかなり大きなサイズになりました。

みすぼらしい猫がふさふさに06
そして2年後。こんなに立派な毛並みに!

夫婦によれば、引き取ってから1年は毛は伸びなかったので、急にふさふさになり始めて驚いたそうです。

お友達の猫(メス)とは、いつもピッタリくっつくほどの仲良しで、楽しい生活を送っているとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。