2017年04月18日 20:43

バレーボールの世界大会、優勝チームの記念写真をよく見ると→「決定的におかしなところがある!?」

 

バレーボールの記念撮影00
こちらはバレーボールの世界大会で、優勝したフランスのチームが記念撮影をしているところ。

注意深く見ると決定的におかしいところが1点あるのですが、わかるでしょうか?

その答えは……。

Get a picture with your stars.

バレーボールの記念撮影01
実は、この人物だけ番号がありません。

なんと選手ではなく、ただの一般人が混じっているのです!

「そんなことありえるの?」と思うかもしれないですが、ありえるんです。

この数十秒前に時間を巻き戻すと……。

バレーボールの記念撮影02
客席から降りてくる男性。選手と同じユニフォームを着込んでいますが背番号は無し。

バレーボールの記念撮影03
身軽に乗り越えてコートに侵入。

バレーボールの記念撮影04
さりげなく選手たちに近づき……。

バレーボールの記念撮影05
溶け込んだ!

バレーボールの記念撮影06
この堂々たる真顔。

バレーボールの記念撮影07
撮影が終わると「やり遂げた男」の表情に。

バレーボールの記念撮影08
去り際に、なぜか相手チームの選手とハイタッチ。

バレーボールの記念撮影10
さらにハイタッチ。


REMI GAILLARD PRANKS WORLD CHAMPION VOLLEYBALL TEAM - YouTube

この男性の名はレミ・ガイヤール。
誰も彼をとがめないことが不思議ですが、実はこの手のいたずらをする人物として、フランスでは名物男になっているそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●タイトル「自信:もし自分が疑問に思わなければ、他人も思わない」

●自信は人を場所に導いてくれる。

↑彼のビジネスマンのような顔つきが、まるで「この完全に不偏不党の表情で、僕がこのチームの選手だろう。何もおかしいことはない」と言ってるかのようだ。

↑左にいるコーチには完全にわかってるが、許してる。

●そこに属しているようなふりをしろ。それができたら本当に属せるんだ。

●オフィシャルの写真。
バレーボールの記念撮影11

14年前も彼はやっている。フランス国家を歌っている。

REMI GAILLARD PRANKS VOLLEYBALL WORLD CHAMPIONSHIP - YouTube
彼はセカンド・アシスタントコーチになった同じ男性の横にまたいるんだ。

●なぜみんな左を見ているんだ。

↑カメラマンが右側にいるからだよ。

●興味があるんだが、こういうことをすると罰金とか逮捕されるとかはあるの?

↑ほとんどの国では警告を受けていない限り、犯罪として取り扱われず、誰にも気づかれなければ大丈夫。ただし損害賠償など民事訴訟を起こされないとは限らない。(広報の写真や動画を役立たずにしているなどの理由で)

↑むしろ良くしているね。

●フランス人に聞くけど、どれだけレミ・ガイヤール氏は知名度があるの?
彼のいろいろな動画を見たけど、すぐに気づかれないことに驚く。番組とかを持っているの? それともYoutubeのいたずらだけ? 一般的に知られているの?

↑フランス人だけど、彼は番組の類は持っていないが結構登場している。そしてしばらく消えた。でもフランスではみんな知っているよ。

●男子バレーボールでは、あまりセキュリティがいない……。

●彼はサッカーでもやってるよ。

REMI GAILLARD PRANKS FINAL CUP - YouTube

↑すごい。

●レミ・ガイヤールは伝説だよ。オリジナルだよ。


いたずらのパフォーマンスで結構有名な人のようです。

堂々としていると、結構なんとかなるものなのですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。