2017年04月25日 11:44

「アメリカの空港の身体検査はプライバシー侵害がひどい…」→対抗して作られた下着がこちら

 

TSAプルーフの下着00
アメリカの空港でセキュリティチェックのために配備されているTSA(米国運輸保安局)の職員。

安全のためとはいえ、プライバシーを侵害しているとの苦情も少なくありません。

X線撮影で体を見られることに対抗して、こんな下着が作られていました。

What's the most disturbing realisation you've come to?

TSAプルーフの下着01
メタルインクで合衆国憲法修正第4条(不法な捜索や押収の禁止)が印刷されたパンツ。

これを履いていると、X線を通されたときに大事なところが見えにくい仕組みです。

近頃は健康上の問題からX線検査をしている空港は減っているそうですが、サイトから購入可能です。
TSA-Proof 4th Amendment Underwear

TSAプルーフの下着02
Tシャツタイプ。

TSAプルーフの下着03
女性用。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これによって飛行機に乗り遅れるかもしれない。

↑「スーパーマン、お願いだからオレの大事なところを見るのはやめてくれ」と書かれた下着を着たい。

↑あるいはX線を通すと巨大に見えるってのはどうだい?

↑自分は誇り高くその機械の前に立っているよ。そんなに当局の人間が局部を見たいなら、ヌードに関する法律を変えるべき。

↑自分の体が違法というのはちょっと謎である。

↑夜の営みに関する法律も気にいってる。売るのは違法だけど与えるのは許されている。

●これを着ていたら服を脱がされての身体検査になるかも。それにTSAは合衆国憲法の第4条なんて気にやしない。彼らのほとんどがきっと聞いたこともない。

↑「私は拘留されるのですか」

↑「そうです」

↑「おお……?」

↑「抵抗はやめなさい」

●なぜこのサイエンスを文字なんかで無駄にするんだ?
その下着で、自分のものが大きく見えるようにできないのか。

↑そのためのサイエンスはすでにあります。
TSAプルーフの下着04

●それを読もうとして、むしろその部分を長く見つめられるだろう。

●ちなみにTSAはもうX線の機械は使っていない。
2つのタイプのスキャナを使っている:
・金属探知(これは音が鳴るだけで見せるわけではない)
・ミリ波(手を3秒くらい上げさせるもの)


やはりTSAの不人気ぶりは根強いようで、不満コメントが目立っていました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。