2017年04月28日 13:13

「ドバイでカヤックを漕いでいたら…『奇跡の1枚』が撮れた」

 

カヤックから見たドバイ00
超高層ビルが立ち並ぶドバイの街並み。

カヤックを漕ぎながら海側からカメラを向けたところ、「奇跡の1枚」が撮れたそうです。

現実感に乏しい写真をご覧ください。

My cousin the kayaker took the best pic of Dubai that I have ever seen.

カヤックから見たドバイ01
「わっ、これってイラストじゃなくて写真なの!?」

……と思うほど、淡く幻想的な光景。

パステルカラーな色合いでも、ブルジュハリファの存在は際立っていますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●この写真を見てるだけで日焼けしそう。

●現地の人がああいう衣装なのは理由がちゃんとあるんだ。皮膚がんはジョークでは済まない。

●いい写真だね。
でもドバイはやっぱりプラスチックでできた退屈な場所。

↑すごく高いプラスチックだな。

↑主観の問題さ。ドバイは中近東では最もエキサイティングな場所だぞ。都市の内外ですることはいっぱいある。ドバイが退屈というのは君にとってだ。

●4年前にドバイにいた。カメラを持って高いビルの下の遊歩道に寝そべっていた。とても暑かったが、タワー全てを入れて写真を撮ろうとした。ちょっとバカに見えたと思う。写真はうまくいかなかったが努力はした。この写真は自分が撮ったのより何倍もいい。

●とてもいい、もっとないの?

(投稿者)これでどうだ。
カヤックから見たドバイ02
もういっちょ。
カヤックから見たドバイ03

●ウェス・アンダーソン監督の映画のポスターみたいだ。

↑映画のポスターとしてこれが欲しい。

↑なんてこった。GTA6のグラフィックスは5以上に進化してるな。
(GTA5はアメリカ西海岸をリアルに再現したオープンワールドゲーム、6は未発表)

↑「GTA6:ドバイ」は興味深い。

↑操作するのは男性のキャラクターだけだな、女性だと(イスラム教の制限のため)価値がない。

↑ドバイに行ったことがあるか? 少なくとも半分の女性は180cmのロシア人の夜の女だぞ。

↑ドバイに行く時がきたな。

●誰かこの写真の説明をして。実写と言うよりゲームのグラフィックスに見える。
投稿者の別の写真と比べても、波とかはいったいどこへ行ったんだ。カヤックもちょっと違うようだ。

↑おそらく距離が離れているのではないかな。水が穏やかで太陽のアングルも違う。最初の写真はもっと太陽が高い昼間に撮られたものだと思う。

●奴隷によって建てられたんだ。

↑ドバイの話の度にこの話題が出る。
誰もホワイトハウスのことは言わないんだ。ほとんどのアメリカの建物は1900年代以前に建てられたもので奴隷を使っていた。ドバイで問題があるのは労働だけではない。
アメリカは200年以上前のことだと主張する人には、じゃあiPhoneとかアップル製品についてはどうなんだと言いたい。それも奴隷労働によって作られたものだ。
スーパーの商品にもなぜ言わないのか。現地生産以外のものは、奴隷の労働で作られている可能性が高いというのに。
衣類はどうなんだ? 東南アジアで作られているものなら、奴隷の労働で作られている可能性が高い。

●タワーと他の建物がきれいに並んでいない。それで「ううっ」となった。

●カヤックに乗って、狙った景色を撮影しようとした経験はある?
不可能なんだ。鳥がおならをしただけで揺れるんだ。この写真は偉大だ。


天候や場所など条件がそろったことによって、このような写真が撮れたとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。