2017年05月12日 12:52

「レストランのレシートに経験したことのない『割引』があった…」驚きの理由

 

レストランのレシートに割引の文字00
レストランなどでお勘定の明細を見ると、思ったより高いことはあっても、勝手に割引されていることは早々ありません。

カナダの家族連れが食事の会計をしたら、思いがけないディスカウントがレシートに記載されていたそうです。

その理由は……。

-5.00 : pics

レストランのレシートに割引の文字01
「お行儀の良い子ども」 −5.00

なんと、子どものふるまいが良かったことを理由に、5ドル(約600円)もディスカウントされていたのです。

良い子を褒めるレストランの面白いサービスではあります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

(投稿者)これは3年前のカルガリー(カナダ)でのレシートだよ。

↑モンスターペアレントだと、ディスカウントが入ってないと、ぎゃあぎゃあ言うのかな。
「うちの子がお行儀がよくなかったと言うんですか?」

↑自分ならそのレシートを子どもに見せて、またディスカウントをゲットできたらデザートを頼んであげると言うね。

●ちなみにそのレストランはもう閉店しているので、お行儀の良い子どもにディスカウントをあげるのは、良いアイデアではなかったようだ。

↑真面目に答えると、ちょっと割引きをしたところでそう影響はない。客が再訪してくれることをするのは価値がある。だけど、ほとんどのレストランオーナーはお金の管理の仕方を知らない。

●子どもが手に負えないタイプだったらどうしていたのだろうか?

↑5ドル割増さ。

↑きっとビールで煮たてて、オニオン添えで出すんだよ。

↑「子どもは普通でした」 +$0.00

●前の上司は子どもが5人いて、誰か1人がこぼす度に5ドル、何かを壊す度に10ドルのチップを払うのがポリシーだったよ。ほとんどは家で食べていたけどね。

↑うちは4人の子どもがいて、食べ終わると数分かけて片づけていた。感謝されていたかはわからないが、嫌われたくはなかったので。

↑ウェイトレスだけど、もちろん感謝されていると思う。

●残念なのは、もしこれが広まったら、割引を受けなかった親が全員騒ぎ始めるだろう。

●自分の子じゃないとダメなの?
割引きを受けるためによその子を借りてきていい?

●あるいは、「このテーブルにはマナーの悪いお客様はいませんでした割引」も導入したらどうだろう。ウェイター・ウェイトレスたちに利点がある。

●「差別主義なおじいちゃん」+$12.00

●「子どもなし」-$10.00

↑子どもがいないことで、10ドル以上のお得があるだろう。


テーブルマナーに厳しい欧米のレストランでは、子どものお行儀にも厳しい目を向けるところもあってか、おもしろいレシートだと注目されていました。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。