2017年05月25日 12:35

「宇宙飛行士たちは月面でこんなに転んでいたのか…」コケまくる姿が話題に

 

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます00
「ひとりの人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては大きな1歩だ」との名言を残した人類初の月面着陸(1969年)から、もうじき半世紀。

幾人もの宇宙飛行士が月面に足を踏み入れましたが、重力が地球の6分の1ということもあって、かなり身軽にぽんぽん飛び跳ねている映像が印象的です。

しかし残されているのはカッコいい映像ばかりではなく、実は転んでいるシーンも結構あるのです。月面でコケまくる宇宙飛行士たちの姿が、海外掲示板で話題になっていました。

Tripping on the moon

Tripping on the moon - YouTube

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます01
勢いあまってズコーッ。

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます02
あちゃー。

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます03
おっとっと。

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます04
豪快にずっこけ。

宇宙飛行士たちは月面で結構転んでます05
転んでも重力が小さいので、器械体操のように立ち直し。

いろいろな局面で転んでいますが、こうしたシーンも人間味があって、とても面白いですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「ちょっと向こうへ行って、素早い動きをするやつを救助してくれないか」
ヒューストンの地上管制センターからユージーン・サーナンに、土のサンプルを取ろうとして転んだジャック・シュミットを立たせるのを手伝うよに伝えている。

↑実際にあった録音から?

↑それはアポロ17だよ。

↑その時の映像を見つけた。

Would You Go Over and Help Twinkletoes, Please? (Apollo 17) - YouTube

↑他の宇宙飛行士と違い、ジャックは地質学者なので、バランスをとるのが難しそうに見える。

●「ウィーーー! ワフーーー! ウォアーーー、なんてこった、クソ」
……「大丈夫です」

↑絶対に音声が必要だな。

●転ぶたびにどれだけ怖いのかと想像してしまうよ。とても鋭利な石1つでもう終わりの世界だ。
うっすらと覚えているが、思っていたより高く跳んでしまった宇宙飛行士がいて、そのときに「なんてこった、これで終わりだ」と落下時に思ったそうだ。どこかに動画もあると思う。

↑転ぶ映像を見て面白いと思ったが、最初のはまるでバイザー(マスク)が割れるかと思った……自分なら漏らすところだ。

●アポロ16にいたチャールズ・デューク。

●重力の研究のために、わざと転んだこともあると何かで読んだよ。

●自分のお気に入りの月面着陸は、バズ・オルドリンの言葉。
「ハッチを閉めます、そして間違ってドアをロックしないようにします」
アームストロング船長のチームに参加して月面に行くときのこと。

↑そもそもなぜ、ロックがあるんだ? 宇宙強盗から守るためなのか。

↑飛行の最中にうっかり開いてしまって、宇宙に吸い込まれないためだろう。

●今でも、実際に地球から離れることができたことが、非現実で信じられ無いことだよ。外から地球を見るのはすごいことだ。全てが違う環境からね。


莫大な予算がかかるため、最後に月面着陸を(1972年)してから、もうずいぶんと経ちますが、いつ見ても神秘的な光景ではあります。

現代のカメラや宇宙服などの技術で、近いうちに月面歩行の映像を見てみたいものですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(10)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。