2017年05月31日 12:23

「自分で自分の首を絞める植物を見かけた…」とても息苦しい状況

 

自分で自分の首を絞める植物00
つる植物は日光を得るために、周囲の環境を支えにしながら、より高い場所を目指して伸びていきます。

その際、他の植物にくるくると巻き付くこともあるのですが、なんと自分で自分に巻き付き「首を絞めている」ケースがありました。

This plant is preventing itself from blooming.

自分で自分の首を絞める植物01
あららら。

自分自身のつるが、花のつぼみに巻き付いているために開かなくなっています。

自分で自分の首を絞める植物04
なんと残念な状況なのでしょうか。

息苦しそうなこの花に対し、海外掲示板には多くの意見が寄せられていました。

●これでさらに必死に開花しなくちゃならない。

●きっと、この方法だと数回開花できるのかもしれない。

●自然界の貞操帯?

●「しーっ、少し口を閉じて」

↑ナマケモノ&猫。
自分で自分の首を絞める植物02

↑それは怖すぎる。猫が冷静すぎる。

●花「ほっといてよ」葉っぱ「おまえは黙っとけ」

●これは自分の人生を表している。

↑つまり君は遅咲きだということか。

●誰かこの写真にキャプションを付けて。

↑「遅咲きの人は自分の首を絞めているだけかもしれない」
自分で自分の首を絞める植物03

↑しかし花を咲かせたいと思ったら、自分の身を切らなくてはいけない。

↑変化はそう簡単じゃないんだ。自分の一部が自分を抑えているなら、その一部を切ると良い。

●ねぇ、この花を助けてあげたと言って。

(投稿者)自然が勝つと思うよ。この小さな存在を信じてあげることにする。結果がわかったら、また写真を撮っておくよ。


とりあえずは自然に任せて、花がどうなるのかを確認するとのことです。

これだけきれいな花なのだから、ぜひ開花したところを見たいですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。