2017年07月25日 20:39

老人ホームに入居するため猫と別れた女性→2週間後…女性を追って猫が現れる

 

猫が飼い主を求めて施設まで00
イギリスウェストコットに住むナンシー・コーウェンさんは、高齢のため老人施設に移り住むことになり、8年連れ添った猫のクレオを知人に引き取ってもらいました。

施設は猫同伴の入居を認めていないため、やむを得ない選択ではあったものの、ナンシーさんは心を引き裂かれる思いでした。

ところが2週間が経過したころ、施設のベンチにクレオによく似た猫が出没するようになったのです。

TIL Nancy Cowen was forced to leave behind her cat Cleo

猫が飼い主を求めて施設まで01
最初に野良猫の存在に気が付いたのは施設の職員でした。

ご飯を求めてやってきているのだろうとかわいがっているうちに、人懐っこいことから施設の人々に受け入れられていきました。

猫が飼い主を求めて施設まで02
職員の1人がクレオを抱き上げているのを見たナンシーさんは、懐かしそうに目尻を下げて言いました。
「私の飼っていた愛猫にそっくりね、でも私の猫は交通事故でしっぽが欠けているのよ」

猫が飼い主を求めて施設まで03
それを聞いた職員が、ためしにしっぽを見てみると、ナンシーさんの言う通りに欠けていたのです。

猫が飼い主を求めて施設まで04
驚いた職員とナンシーさん。彼女の妹にも確認してもらうと「この子は間違いなくクレオよ」と明言したそうです。

猫が飼い主を求めて施設まで05
クレオは8年前に街をさ迷い歩いているところをナンシーさんに拾われ、それ以来、ずっと仲良く暮らしてきました。

ところがある日突然、パートナーを失ってしまったクレオはナンシーさんの行方を探し求め、自力でたどり着いたのです。

このエピソードを聞いた施設のオーナーは、特例としてクレオの持ち込みを許可し、ナンシーさんと職員&入居者たちを大いに喜ばせたとのことです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(13)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。