2017年08月08日 21:52

ベラルーシ人「真夏の車内にヨーグルトを放置してはならないと学んだ…絶対にだ!」想像を超えるトラブル

 

車にヨーグルトを放置してはいけない00
炎天下の車内は想像以上に熱くなるため、物を放置するとトラブルの元です。

東欧の国ベラルーシの首都ミンスクで、
「二度と車内にヨーグルトを放置しない!」と心に誓った人がいました。

なぜならある日、車を運転しようと近づいたら……。

Yogurt Explodes In Hot Car Left In The Sun

車にヨーグルトを放置してはいけない02
うわ、窓が真っ白!

ある日、いつものように車に近づくと、この状態になっていました。

持ち主は何が起きているのか理解できず、しばらく呆然としていたそうです。

車にヨーグルトを放置してはいけない01
ドアを開けるとこの通り。

後部座席には、白いボトルタイプのヨーグルト。フタが開いていて、中身が窓や運転席の後ろまで飛び散っています。

暑さで発酵が進んだ結果、噴出したのだと思われますが、この勢いのすさまじさには驚くばかり。

車にヨーグルトを放置してはいけない03
こちらは3時間かけて掃除した後。

布地などは完全に綺麗にはならず、臭いも残り、もう絶対にヨーグルトを放置しないと学んだとのことです。

ヨーグルトの種類やボトルの構造など、諸条件が重なった結果だろうとは思いますが、夏場の車内には極力物を放置しないほうがいいですね。

スプレー缶を放置したトラブルの例は、以下をどうぞ。
「炎天下の車内にヘアスプレーを放置していたら…信じられないことになった」

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(3)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。