2017年08月22日 17:13

飼い主のお墓の前で10年…15歳の犬が盲目になっても寄り添い続ける

 

キャピタン00
アルゼンチンで暮らす犬のキャピタンは2006年に主人を亡くし、6年に渡ってお墓の前で過ごしているエピソードをご紹介したのが2012年のこと。
愛犬が亡くなった主人の墓を見つけ出し、6年間寄り添って過ごす

それから4〜5年が経過した現在は15歳となり、ほとんど目は見えず、歩くことも不自由になりましたが、今もお墓の前に立ち続けているそうです。

A Loyal Friend

キャピタン02
毎日欠かさずお墓参りを続けるキャピタン。今はほとんど視力はなく、全盲に近い状態だそうです。

2006年に主人のミゲルさんが亡くなると、キャピタンは家から失踪。いつの間にか墓地に現れると、始めは周辺をうろうろしていましたが、やがてミゲルさんの墓標の前で立ち止まりました。

キャピタン03
それまで誰もキャピタンをお墓に連れてきたことはなく、他の家族はどうしてわかるのか不思議に思ったそうです。

キャピタン01
ミゲルさんの家族が何度連れて帰っても、そのたびに逃げ出してしまい、ミゲルさんのお墓の前に戻ってきました。

日中は墓地を散歩することもありますが、夕方6時になると決まってお墓の前に戻り、朝まで寄り添うように眠りにつきます。

ミゲルさんと再会できる日を、ここで静かに待っているのかもしれませんね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。