2017年09月07日 12:42

「あまりの正直さに1ドルあげたくなった…」多くの同情を誘っていたホームレスのメッセージ

 

1ドル寄付したくなる00
海外の通りには、ホームレスがメッセージボードを掲げて、たたずんでいることが多いのですが……。

こちらの男性のメッセージを見て、
「あまりに正直なので、つい1ドルあげたくなった」と同情する人が続出していました。

どんな文面かご覧ください。

Here's a dollar for your honesty sir

1ドル寄付したくなる01
「離婚して幸せです。
でも、明らかに妻のほうが良い弁護士を雇っていました」

くーっ!

弁護士をはさんでの離婚。

きっと根こそぎ財産を持って行かれたのでしょう。

寄付してあげたくなる気持ちもわかりますね。

これを見ての海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ああ、涙が……。

●強く生きてほしい。

●もしホームレスの男が面白い看板を出していたら、あまりホームレス生活は長くない。

↑ヒゲもないし、ホームレスさが十分じゃない。

●彼は別にお金を求めてないじゃないか。単に現状を公共にアップデートしているだけだ。

↑誰か彼にTwitterを教えてあげるべき。

↑きっと妻が彼のスマホまで持っていったんだ。

↑スマホは持っていったけど、ヘッドフォンは残して行ったってことか?

↑おそらく嫁は彼の音楽プレイヤーはいらなかったんだろう。

↑まだ音楽プレイヤーを持ってるから離婚したくなったんじゃないのか。

●離婚裁判システムが女性に有利なんだから、元妻に良い弁護士はいらない。

(投稿者)
元夫:僕が家のことを手伝わなかったと、その女が言うのを聞かされるくらいなら、資産を全て失うほうがマシだ。
元妻:もう何も言わなくていいわ。
3年後
元夫:価値があった。

●自分の離婚が平和で良かった。裁判所にも行かずに済んだ。別れたときは自分の物は自分が、彼女のものは彼女がキープした。幸運にも銀行口座も別だった。でなければ大変なことになってたと思う。

●明らかに十分な弁護士じゃない。彼はまだ服を持ってるしリュックもある。


厳しい離婚を乗り越えてきた感じは、ひしひしと伝わってきます。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。