2017年09月12日 22:41

「もうやめたほうがいい社会の慣習は何がある?」回答いろいろ

 

社会の慣習
古くから受け継がれている慣習には、生活の知恵的なものもありますが、今の時代には合っていないと感じるものも少なくありません。

海外掲示板に、
「もうこれはなくなってもいいと思う慣習はありますか?」との質問がありました。

回答をご紹介します。

What social custom needs to be retired?

●極端に高い婚約指輪。

↑たった1度しか着ない、極端に高いウェディングドレスも。

↑ウェディングドレスの値段はクレイジーだけど、夫との結婚式の写真を見るたびにドレスが気に入っていて、うっとりする。リビングに掛けている写真だけでも価値があったと思う。

●ダイヤモンドの婚約指輪。ダイヤモンドは巨大な詐欺さ。

●会社に貢献していることをアピールするために、病気でも職場に来ること。言い方を変えると、病気でも来るものだと期待されること。

●まるで意味のない公共での謝罪。

●黒人をアフリカ系アメリカ人と呼ぶこと。
南アフリカ出身の白人の友人がいるが、その友人をアフリカ系アメリカ人と呼ぶことは許されていない。
それにロンドンで生まれ育った黒人の友人もいるが、彼のこともアフリカ系アメリカ人と言うらしい。

↑文学の授業で、シェークスピア作品に登場するアフリカ人を、教授が「アフリカ系アメリカ人」と呼んでいた。それがずっと引っかかっている。

↑アメリカに住む白人の南アフリカ人だが、自分も当てはまるな。

↑自分のお気に入りのアフリカ系アメリカ人はイーロン・マスク氏だ。
(南アフリカ出身の白人。アメリカの起業家で、スペースX社の共同設立者およびCEO)

●社会保障番号を重要な身分証明に使用すること。

●お葬式。死体を見るのに1万ドルだ。本当に奇妙で陰鬱だ。普通に集まって家やレストランで追憶したらいいと思う。

↑レストランに死体を持って行ったら追い出されるからだろ。

●誘いを断るときに、言い訳を用意しないといけないこと。

●(アメリカでは)贈り物をくれた人の前で開けないといけないこと。
自分はアジアで反対の経験をしたが、みんなプライベートのときに開ける。とても新鮮だった。いらないものだったときに喜ぶふりをしなくていい。

●派手な結婚式。

●テーブルにひじをついてはいけないこと。快適だってのに。

●最初のデートでいつも男性が支払いをする風潮。

●職場へ男性が短パンを履けないこと。

●男性が女性を誘わなくてはいけないこと。男性が怖くて誘えない間に、もう何百万と幸せになれる関係や結婚が失われているはず。

●サラリーマンが暑い日にスーツを着なければいけないこと。

●酒を飲まないといけない圧力。

カップルにいつ結婚して子どもを作るのかを尋ねること。


欧米人の意見ではありますが、共感できるものもあるかと思います。

個人的には、日本の長くなりがちな労働時間をやめてほしいです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(17)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。