2017年10月03日 12:11

「コップを下に置くのを忘れないこと」心理学者が語るストレスを減らす秘訣

 

コップの水はどんな重さ00
心理学者が「ストレスの管理のしかた」の講義で語ったエピソードをご紹介します。

心理学者は水が入ったコップを手に取り、持ち上げました。
受講者はてっきり「もう半分しかない? あるいはまだ半分もある?」と尋ねられると思っていましたが、少し違いました。

笑顔で「このコップはどのくらいの重さだと思いますか?」と尋ねたのです。

Remember to put the glass down

受講者からは200g〜800gと、さまざまな答えが飛び交いました。

すると心理学者は言いました。

「正確な重さは関係ないのです。それは持っている時間によるのです。
たとえば1分持っているだけなら問題になりません。ですが1時間持っていたなら腕が痛くなるでしょう。さらに1日持ち続けたなら、腕の感覚は麻痺してきます。
この間、水の重さが変わったわけではありません。でも長く持てば持つほど、重く感じていくのです」

「人生におけるストレスや不安は、このコップの水に似ています。ちょっと考えたくらいでは何も起こりません。ですがそれについて長く考えていると、そのことに痛みを感じてきます。
もし1日中考え続けていれば、考えが麻痺したようになり、他のことは何もできなくなります」

「だからコップを下に置くのを忘れないでください」


負担の大きさについては意識するものの、時間については軽視されがちです。

仕事でも同じことが言えると思いますが、休息や気分転換が必要ということですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(14)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。