2017年11月12日 20:30

世にも珍しい「三角形」の2ドル硬貨…流通してるのはどこ?

 

クック諸島00
世界に流通している硬貨のほとんどは円形です。ときどき多角形のものがあったりしますが、なんと三角形の硬貨を使用している地域もあるとのこと。

どんな形で、どこで使われているのでしょうか。

The cook islands has a $2 coin that's a triangle.

クック諸島01
それがこちらの硬貨!

クック諸島02
裏側。

エリザベス女王の肖像があるので、イギリス連邦のどこかのようです。

その正体は、2クックアイランド・ドル

クック諸島05
場所は南太平洋に浮かぶクック諸島

ニュージーランドと自由連合制をとり、国民はニュージーランド国籍を有するとのこと。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自動販売機に嫌われる。

↑自動販売機にこの硬貨は使えないけどね。ニュージーランドの普通の硬貨が必要。

↑きっとこれはトブラローネ(スイスの三角柱の形をしたチョコレートバー)を買うために使うんだ。
クック諸島03

●これはなかなか使えるギターピックになると思う。

↑そしてコインピックで弦を破壊してしまうが、弦をそのピックで買えるんだ。

↑ブライアン・メイはライトゲージの弦をイギリスの古い6ペンスコインでずっと弾いている。
クック諸島04

↑どうやってピックをなくさずに済んでいるんだ。

↑イルミナティはあまり巧妙ではなくなってきたな。
(※現実の歴史、およびフィクションに登場する秘密結社の名称、陰謀論でよく使われる)

●新しい世界のクォーター(1/4)コインだ。

●この形なら転がっていかないので、かなり紛失が減るな。

●これを見て、なぜ他の硬貨がほぼすべて円形なのかなと思った。

↑大量生産しやすく、自動販売機に良いからだよ。

↑なぜ円が四角より生産しやすいんだ? 円だと金属の無駄になり、カットがもっと必要だ。

↑伝統が大きな理由だよ。すべての硬貨が丸い理由は、溶解したシルバーを鉄床に入れて、ハンマーで叩いていた歴史からだよ。

●クック諸島は、休暇で行くには最高に素晴らしいところだよ。


観光地としても素晴らしいところだそうですが、旅行することがあったら硬貨を確認するのも楽しみですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。