2017年11月13日 12:49

「ウソだと思うかもしれないけど、うちの大学には…木にコンセントが付いている」→ホントだった

 

コンセントのある木00
電源やWifiのあるスポットが増えましたが、野外で電源を確保するのはまだまだ難しいものがあります。

ところが海外のとある大学には、なんと構内に「コンセントの付いた木」が何本も存在するとのこと。

どんな木なのかご覧ください。

Some of the trees at my college have outlets on them

コンセントのある木01
おお、まさしく木にコンセント!

キャンパスを散歩していたら充電が切れたなんてときに便利……な気はしますが、そういう想定で設置されたかどうかは疑問ではあります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●自然の力ってすごいなあ。

●これぞ電木“Electricitree”だ。

●雨が降ったらどうするの?

↑ノートパソコンを片付けるだけだよ。

↑心配するな、小さなバイザーが付いている。

↑完璧なデザインだな。

↑バイザーは日よけのためでしょ。

●漏電遮断器(GFCI)が、2つの電線に流れる相違を感知して、遮断するようになっているはず。

●うちの大学のキャンパスにもこういうのがパークエリアにあるよ。濡れても大丈夫なようにソケットを閉じてある。それとWifiのアクセスポイントもある。

●投稿者の充電状況は美しいな。

↑3%。

↑木にコンセントがあって助かったね。

●こういうのは一般的には、補助照明のために設置されているのではなくて?

●木に雷が落ちたらどうするんだろう。

●なぜあんなに多くの大学生がアップルのMacbookを持っているんだろう。ステータスなのはわかるが、自分が大学生のときは人生の中で一番貧乏だったぞ。

↑両親とローンだよ。

●きっと昔はインディアンがこうやってiPhoneを充電してたんだ。

↑歴史は好きだ。


安全面は気になるところですが、天気の良い日に野外での勉強がはかどりそうですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。