2017年11月14日 13:30

「まるでアツアツの恋人同士!」カナダ首相とベトナム首相が手をつなぐ姿が刺激的だと注目の的に

 

カナダとベトナムの首相00
11月8日に訪越中のカナダのジャスティン・トルドー首相が、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談しました。

両首相が並んで階段を下りる際に、フック首相がトルドー首相に手を伸ばし、腕を組み、さらには手を繋いで歩く姿が「まるで恋人同士」だと、世界中から注目を集めていました。

Prime Minister of Canada and Vietnam


Prime Minister of Canada and Vietnam holding hands - YouTube

カナダとベトナムの首相01
そっと右手を伸ばすフック首相。

カナダとベトナムの首相02
腕を組んだ!
女性をエスコートするように応じるトルドー首相。

カナダとベトナムの首相03
さらには……。

カナダとベトナムの首相04
手を繋いだ!

カナダとベトナムの首相05
幸せそうに歩く両首相。

カナダとベトナムの首相06
ちょっと照れている感じも、まるで初々しいカップルのよう。

このアツアツぶりから、両者の関係がとてもうまく行っていることが伝わってきますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もし自分がベトナムの首相なら、舞踏会で一番きれいな女の子の気分になったと思う。

↑そのコメントを見てチューインガムを吹きそうになったよ。

↑カナダ人として言うが、もうその通りだよ。(笑)
ベトナムの首相がトルドー首相の腕にすっと手を伸ばし、その瞬間、世界の面前で舞踏会になったんだ。君の言うとおり、彼は舞踏会でもっともきれいな女の子だよ。

↑アメリカ人として言うと、このすばらしい母国に生まれたことを幸運だと思っている。やっていることが全部大好きというわけじゃなく、ひどい問題も多いが、それでもこの国の人々が好きだ。
だが、トルドー首相のその映像を見たとき、カナダに生まれたらよかったと思った。本当に君らはカッコいいリーダーを持っている。オバマもクールだったが、もういなくなってしまった。そして今は狂ったリーダーがいることが悲しい。

●本当にトルドー首相はスマートだよ。

Obama's Painfully Awkward Handshake - YouTube

●トルドー首相が自然に対応しているのが気に入った。

↑彼は純粋に上品なんだ。

↑もうカナダがアメリカを征服していいよ。自分もいいリーダーが欲しい。

↑ただし政治家としては、やっていることは完璧ではない。

●特に気に入ったのは、ベトナムの首相が手をつなぎにいったときに躊躇して、普通の行動ではないかもと腕に変えたこと。それにトルドー首相が気づいて「大丈夫、クールだよ」としっかり手をつないだこと。とても親切で敬意ある対応だよ。

●トルドー首相は本当に自信たっぷりな感じだ。

↑オレだって彼と手をつないでいられたら自信を持てる。

●これが何も変ではないということが変である。

↑もう彼らに冒険に出てもらって、ミステリーを解決してもらいたい。

●ベトナムでは男性同士で手をつなぐことは、とても親しみのある挨拶なんだ。トルドー首相は落ち着いて対応したね。

↑ベトナム人だけど、それは真実だとは言い難いな。オレは男友達と一度も手を握ったことはないよ。

●これをトランプ大統領にやってみて欲しい、彼のリアクションはプライスレスだろう。

●トルドー首相は外交に出かける前に、その地域の慣習についてしっかり準備するんだ。彼が初めてトランプの握手に抵抗した男だよ。

●世界のリーダーがみんな手をつなげるほど仲良くなってくれたらいいのに。

●微笑ましい気持ちになったよ。

●これから自分はトルドー首相がアメリカの大統領だというふりをするよ。

↑これから自分はカナダ人のふりをするよ。

●選挙でトルドー首相に投票しなかったけど、彼の社交スキルは100%だと思うね。

●トルドー首相がバングラを踊るところ。

Justin Trudeau Bhangra - YouTube
(バングラはインドとパキスタンにまたがるパンジャーブ州の民謡および舞踊)


ますますトルドー首相の株が上がる結果となったようです。

トランプ大統領と対照的なキャラクターであることが、注目を集めやすいのかもしれませんね。

こちらもどうぞ。
世界中でカナダ首相の「靴下」愛好家が急増中…ユニークなファッションが注目を集める

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。