2017年11月22日 21:21

立ち退きを拒否した中国の住居…市が道路を通すために斜め上の解決を図る

 

立ち退きを拒否した中国の家00
都市開発の激しい中国では強引な立ち退きも多く、住人が最後まで抵抗して、新しい道路の真ん中に住居がポツンと残るケースも珍しくありません。

こちら、広東省広州市の集合住宅も、道路を通すために取り壊す計画が、住民の立ち退き拒否によって難航しました。

その結果、市が行った強引な手法をご覧ください。

立ち退きを拒否した中国の家01
なんと、環状道路を造ってしまった!

立ち退きを拒否した中国の家02
道路を真っ直ぐ通せず、迂回するスペースもないため、このような形に落ち着いたそうです。

立ち退きを拒否した中国の家03
横のアングル。

立ち退き費用を釣り上げるために粘る住民もいるそうですが、この場合は莫大な費用が掛かったと思われるので、住民側にどうしても立ち退きしたくない理由があったのかもしれません。

広州市にお金があるからできたことなのでしょうね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。