2017年12月24日 19:22

「この海岸の壁画…たった1人でどうやって描いてると思う?」

 

海岸の壁画の描き方00
こちらの壁画は、大掛かりな機材などを使わずに、たった1人で描き上げたものだそうです。

いったいどうやって描いているかわかるでしょうか?

Mural at low tide


astonishing giant mural from a paddleboard that disappears and reemerges with the changing tide - YouTube

海岸の壁画の描き方01
サーフボードを浮かべて壁に絵を描いているのは、ハワイ生まれでニューヨークを拠点に活動するアーティスト、フラさん。

海岸の壁画の描き方02
潮の満ち引きを利用し、そのときの水位に合わせて描いているのです。

海岸の壁画の描き方03
干潮時には下の方を描き……。

海岸の壁画の描き方04
満潮時には上の方を描いていきます。

海岸の壁画の描き方05
サーフボードに乗って、たった1人でこれだけの作品を描き上げてしまいました。

潮が引くにつれ女性が少しずつ現れる神秘的な壁画になっていますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●プリンターってこんな風に機能しているんだっけ?

↑うちのプリンターは動いたことがない。

↑ここはカナダのセントジョン(ニューブランズウィック州)だよ。さびれた町を誰かがちょっとでもよくしようとしているのが嬉しいよ。

●これはセントジョンだが、世界で最も高い満潮の水位はこのエリアだよ。

●動画では早送りされているのはわかるが、これのペイントは流されないほど速く乾くの?

●これは自分の地元だよ。悲しいのはもう壁画はほとんど消えてしまった。だいたい数か月でなくなるね。

↑こんな小さな町が注目を浴びているのもクレイジーだ。

町興しとしても価値のあるアートですが、もうほとんど消えてしまったのは残念ですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(0)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。