2018年01月05日 20:25

「大きく動揺するほどのトリビアがあれば教えて…」心がざわつく豆知識いろいろ

 

動揺するトリビア
海外掲示板で、
「大きく動揺するほどのトリビア(雑学、豆知識)があれば教えてください」との質問がありました。

落ち着いていられなくなるトリビアをご紹介します。

What are some deeply unsettling facts? : AskReddit

●FBIによると、アメリカには現在進行形で活動している連続殺人犯が30〜50人くらい存在している。
たまに行方不明者が見つからない話を聞くが、中には巧妙な犯人もいて、怪しまれたり捕まったりしていないんだ。

●アメリカにはいつも行方不明者が10万人はいる。

●超高層ビルから人が落ちると、人体は地面に叩きつけられてつぶれるわけではなくバウンドする。それによって複数箇所を骨折して、体内が損傷してしまう。

●自分が狂ったことには気づけない。

↑それは利点じゃないか。

●自分は6人兄弟だが、1人は5人の葬式に出席し、1人は誰の葬式にも出席しない。

●たった今、世界にはおよそ2000〜3000万人の奴隷がいる。

●病院以外の環境では、CPR(心肺蘇生法)で助かる確率は7%。

●両親が生まれたときには地球の人口は25億人だった。また生涯を終えてないのに、すでに76億人になっている。

●もし地球滅亡レベルの隕石が落ちたときに宇宙飛行士だったら、限りある酸素と、限りある食糧と、まったく外部からの助けがない状態で、生き伸びる最後の1人になる。

●ほとんど全員が、自分の親友の葬式に出るか、親友が自分の葬式に出るか、どちらかになる。

●バーコードがスキャンされるとき、実は白い部分を読み取っている。

●まつ毛には8本脚の微生物がいっぱいいる。まつ毛に棲んで産卵もする。

●すべてのことに「最期」がある。最期の食事をしながら知らないでいる。最期に誰かに会いながら、それも知らないでいる。

●2012年の米軍では、戦いや事故の死亡者より自殺者の方が多い。

●アリと人間の数を比較すると、100万:1 の割合になる。

●アメリカ成人の70%が肥満である。そして最も多い死因は肥満が原因の病気。

●1958年にうっかりサウスカロライナ州で核爆弾を落としてしまった。
それがもし爆発していたら長崎の爆発がパーティクラッカーに思えるほど大きなものであった。
その後、1961年に同じことがノースカロライナ州にあり、しかもこのときは2個であった。

↑どうしたら、うっかりそんなものを落とせるんだ?

●脳の動脈瘤はどんな健康な人でもいつ起こるかわからない。
急死に至るが、ほとんど前兆はない。誰だって何の警告もなしに、いつ最後の息をするかわからないってことだ。

●シロナガスクジラの血管はあまりに大きく、中で人間が泳ぐことができるほど。まさに肉のトンネルだよ。


中には知らないほうが良かったと思えるトリビアもありますが、世の中は、まだまだ知らないことや驚きで満ちているようです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(6)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。