2018年02月10日 13:37

「スタバで『僕の名前はマーク、スペルはCのほうで』と注文したら…こんな結果になった」

 

僕の名前はマーク00
スターバックスでドリンクを注文すると、店員がカップに客の名前を書いてくれます。

マークという名前の人が、「スペルはCのほうで」と伝えたところ……激しく「これじゃない!」と思ったそうです。

受け取ったカップをご覧ください。

To spell Mark with a "c"

僕の名前はマーク01
なんと、マーク“Marc”ではなく、カーク“Cark”になってる!

たしかにCでお願いしたけれど、最後のKをCに入れ替えて欲しかった……。

欧米のスタバでは、ネイティブではない外国人従業員も多く、名前のつづり間違いや、聞き間違いが多発しているとのことで、笑い話になっているそうです。

とは言え、さすがにカークは変形させすぎだろうと、海外掲示板では盛り上がっていました。

●彼らは実生活における、釣り上手だよ。本当にうまい。

●「マイケルをBで」と頼んだら、どうなるんだろう?

↑バイケル。

↑マイベル。

●君がナルシストなんだと思う。誰も名前にCが付いてるかどうかなんて気にしない。普通にマーク(Mark)と言えばよかったんだ。

↑それは同じ名前の人が現れて、自分のドリンクを持っていこうとするときに、「自分はモカを頼んだ」となるのを避けるためだ。

↑どのみち同じ名前の人はいるだろう。

↑うちのコーヒーショップは血液検査でその問題を解決するんだ。

●はーい、カーク。

●今度は「カーク、スペルはMのほうで」と試してほしい。

↑スターバックスの従業員は、しなければいけないことを正確に実行するだけさ。

●バリスタの友人は、こういうのをわざとやる。名前をどんな風にスペリングされようが誰も気にしない。単なるコーヒーであって、署名ではないからね。


欧米人の名前もバラエティに富んできたので、なにかと混乱することが増えたそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(8)
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。